新型BMW 5シリーズ、車内湾曲ディスプレイを初めて激写!

■D字型のフラットボトムハンドル、超コンパクトギアシフターを採用

BWMは現在、欧州Eセグメント「5シリーズ」次世代型を開発していますが、その内部をカメラが初めて鮮明に捉えました。

BMW i5_002
BMW i5市販型プロトタイプ コックピット

現行型となる第7世代は2017年に登場、新鮮味が薄れた感じもありませんが、早くも第8世代へバトンタッチされます。

BMW i5_005
BMW i5市販型プロトタイプ

鮮明に撮影されたキャビンには、ダッシュボード一面に広がる一対のディスプレイが確認できます。

デジタルインストルメントクラスターと、インフォテインメントシステムのスクリーンは、ライバルのメルセデス・ベンツ「Eクラス」新型で採用されているものに似ている、1つの湾曲したガラス面で相互に接続されているようです。

BMW i5_015
BMW i5市販型プロトタイプ コックピット

分厚いD字型のフラットボトムハンドルは、よく見ると現在のモデルに見られる有形のボタンの代わりに、ソフトタッチボタンのように見えるものが見てとれます。

さらに、スティックタイプのギアシフターが、「iX」に見られる超小型のスイッチタイプに変更されていることも確認できます。

プロトタイプのエクステリアでは、縦型巨大キドニーグリルは見送られ、通常のワイドグリルが採用されている様子がうかがえるほか、ヘッドライトは今後登場する「7シリーズ」改良型で搭載される上下二段のスプリットヘッドライトではない可能性が濃厚です。

側面ではフラッシュドアハンドルが装備されているほか、トランクリッドがゆるやかに傾斜しているのも特徴的で、現行5シリーズとの違いが明白になっています。さらに「Electric Test Vehicle」(電気テスト車両)のデカールが貼られており、エキゾーストパイプがないため、フルエレクトリック「i5」で間違いないでしょう。

5シリーズ次世代型では、「CLAR」プラットフォームを作用、ICE、PHEV、フルエレクトリックの3つのフレーバーで提供されます。またエレクトリックi5は、70kWhから100kWhの範囲のバッテリーパックを備えるシングルモーター+後輪駆動、およびデュアルモーター+全輪駆動のバリエーションがラインアップされるほか、高性能モデル「i5M」では、システム合計出力750psを発揮するトリプルモーターを搭載すると噂されています。

5シリーズ次世代型のデビュー時期は明確ではありませんが、2022年後半から2023年前半と予想されます。

(APOLLO)