日産GT-R次期型は電動化で決まり!? NISMOは2000万円の価格帯情報も!

■3.8リットルV型6気筒ツインターボに48Vマイルドハイブリッド搭載

日産の2ドアスポーツカー「GT-R」次期型に関する最新情報を入手、それをもとにデザインを大予想しました。

日産 GT-R次期型_001
日産 GT-R 次期型 予想CG

次期型最大の注目は、そのパワートレインです。内燃機関を維持するのか、ついに電動化に踏み切るのか、確定情報はありません。

日産 GT-R_004
日産 GT-R

しかしドイツエージェントから入手した最新情報によると、次期型は現行型3.8リットルV型6気筒ツインターボ「VR38DETT」エンジンに48Vマイルドハイブリッドが組み合わされ、最高出力は「GT-R 50 by Italdesign」の720psを凌ぐ750psまで向上するといいます。

昨年4月には、日産のチーフ・プランニング・オフィサーであるフィリップ・クライン氏が、Top Gear誌のインタビューにて、「電動化してもその走る楽しさは何も変わらない」と語っており、内部では、電動化で意見が統一している可能性が高いようです。

日産 GT-R_002
日産 GT-R

予想されるエクステリアは、コンセプト、ビジョングランツーリスモ譲りの、フロントからサイドに繋がる流麗なキャラクターラインが特徴となり、フロントデザインは日産トレンドに変更、プラス縦型ヘッドライトでGT-Rらしさがアピールされるでしょう。

大胆かつ迫力満点のアンダー周りデザインは、高速でも安定した走りを実現。もちろんサイド、リアにも装着されると予想されます。

GT-R次期型のワールドプレミアは、以前報じたとおり2023年秋ごろと予想され、価格は現行型のエントリーモデル「Pure edition」が12,329,900円となっていますが、次期型では1,400万円からとなり、NISMOのハイエンドモデルでは2000万円程度になりそうだということです。

(APOLLO)