メルセデス最強のSクラス!AMG「S63」市販型がニュルブルクリンクに登場

■4.0リットルV型8気筒エンジンと電気モーター搭載、最大800psか?

メルセデス・ベンツは現在、フラッグシップ4ドアセダン「Sクラス」の頂点に君臨するハードコア、AMG「S63」を開発していますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス AMG S63e_003
メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ
メルセデス AMG S63e_011
メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ

ニュルに初出現したプロトタイプは、ボディ前後にテープを貼るだけのほぼフルヌード状態です。

フロントエンドにはパナメリカーナグリルを装備、大型コーナーエアインテーク、バンパー下部には、縦スラットを備えるワイドな吸気口を備えています。左リヤフェンダーには充電ポートを配置、プラグインハイブリッドであることがわかります。

後部では、クワッドエキゾーストパイプの間に3つのフィンを備えるアグレッシブなディフューザーが確認できます。

メルセデス AMG S63e_012
メルセデス AMG S63e 市販型プロトタイプ コックピット

キャビン内は、Sクラスから大部分を継承するとみられますが、ドアカードや中央アームレストの後部などがカモフラージュされていることから、専用のスポーティなデザインが与えられると思われます。

パワートレインは、4.0リットルV型8気筒エンジンと電気モーターを組み合わせ、最高出力は700psを超える可能性があり、市販型での車名は「S63e」、または「Eパフォーマンス」が予想されています。

また、最高出力831psを叩き出すAMG「GT63Eパフォーマンス」のような、さらなる強力バージョンも噂されており、こちらは最大800psとも伝えられます。

市販型では、サスペンションのセットアップを低くして剛性を高め、大径ホイールの後ろに強力なブレーキを設定します。ワールドプレミアは、今後数週間の間に行われている可能性があるかもしれません。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?