スバルの新型EV「ソルテラ」、ハイスペックモデル「STI」登場に期待!

■小さなスプリッターやメッシュの大型グリルを装備で差別化

スバルは2021年11月11日、新型バッテリーEV(BEV)「ソルテラ」をワールドプレミアしましたが、早くもその高性能バージョン「STI」を大予想しました。

スバル ソルテラSTI
スバル ソルテラSTI 予想CG

ソルテラは、トヨタと共同開発したEV専用プラットフォーム「e-SUBARUグローバルプラットフォーム」を採用した初のモデルです。

フロントエンドにはEVらしい密閉されたヘキサゴングリルを装備、鋭いLEDデイタイムランニングライト、ワイルドなフェンダーなど力強いデザインが魅力です。

スバル ソルテラ_002
スバル ソルテラ

期待のかかる「STI」予想CGを提供してくれたのは、お馴染み「X-Tomi Design」。

ローダウンされたボディは、スバル「WRブルー」で塗装。フロントエンドには、小さなスプリッターやメッシュの大型グリルを装備。

サイドエアインテークも拡張、ボンネットフードにはエアスクープが追加されています。EVには必要ないコンポーネントではありますが、STIの雰囲気を高めてくれます。またフェンダーはボディと同色にされかなりスポーティなイメージに仕上げられています。

足回りには大径のブラックホイールを装着、ピラーからルーフはブラックに塗装し、ベースモデルと差別化されています。ドアのボトムにあった黒いプラスチックのクラッディングは削除されているほか、後部のリヤスポイラーはよりアグレッシブに進化させているようです。

このソルテラSTIがすぐに発売されることはないと思われますが、メルセデス「AMG」をはじめ、BMW「M」など高性能モデルのエレクトリック化が進んでおり、近い将来フルエレクトリックSTIが登場する可能性も十分あると予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?