BMW 3シリーズ ツーリング改良型を初スクープ! 新ヘッドライトも装着完了

■LEDは「X4」風にC型LEDデイタイムランニングライトを横に並べた新グラフィックに

BMWは現在、主力モデル「3シリーズ」ファミリー改良型を開発していますが、派生ワゴン「3シリーズ ツーリング」市販型プロトタイプを、カメラがはじめて捉えました。

BMW 3シリーズ_003
BMW 3シリーズ ツーリング 改良型 プロトタイプ

現行型(G20/G21)となる第7世代は2019年に登場、セダン、ツーリングともにこれが初のLCI(フェイスリフト)となります。

捉えたプロトタイプは、これまで目撃したセダン開発車両と同様にボディ前後をカモフラージュ。

しかし、これまで隠されていたヘッドライトの大部分がついに露出、「X3」や「X4」のようにC型LEDデイタイムランニングライトを横に並べた新グラフィックに改良されている様子が伺えます。後部ではテールライトのグラフィック、バンパーが新設計されることが濃厚と思われます。

BMW 3シリーズ_013
BMW 3シリーズ ツーリング 改良型 プロトタイプ

キャビン内も刷新されます。そこには「iX」に搭載されている「iDrive7.0」と、緩やかにカーブした大型ディスプレイを採用、センターコンソールの上にはタッチスクリーンが配置されます。さらにセンターコンソールのデザインや素材、インフォテインメントシステムなどに最大のアップグレードがなされると思われます。

BMW 3シリーズ_007
BMW 3シリーズ ツーリング 改良型 プロトタイプ

3シリーズ改良型では、直列3気筒、直列4気筒ガソリンおよびディーゼルエンジンのほとんどがキャリーオーバーされる予定ですが、それらすべてが48Vマイルドハイブリッドと組み合されます。

3シリーズ改良型のワールドプレミアは2022年内で、セダンが登場後にツーリングが公開となるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?