メルセデス・ベンツ GLC最強モデル、AMG「GLC63」次期型は643馬力のPHEVに

■2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンに強力な電気モーター搭載

現在メルセデス・ベンツは、主力クロスオーバーSUV「GLC」次期型を開発中ですが、その頂点に君臨する最強モデル、AMG「GLC63」市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

メルセデス AMG GLC63_004
メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ

ニュルブルクリンク付近で捉えたプロトタイプは、左リアフェンダー上部にC63同様の充電口が見てとれ、PHEVであることが濃厚です。電動モデルを示すイエローステッカーがないのはニュル入り直前だからと思われます。

またフロントにパナメリカーナグリルを装備、ワイド化されたトラック、大径ホイールとレッドブレーキキャリパー、分厚いサイドシル、そしてAMG63モデルの象徴である四角いクワッドエキゾーストパイプがインストールされています。

ベースモデルのGLCの後部には黒いプラスチック製バンパーが装備されますが、AMGではよりスポーティなコンポーネントが採用されるようです。

メルセデス AMG GLC63_007
メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ 充電口

次世代GLCはそのプラットフォームを新型Cクラスと共有します。それは2つのAMGバリアントがパワートレインを共有する可能性があるということです。

現行型GLC63のパワートレインは、4.0リットルV型8気筒エンジン(M139)を搭載、最高出力は476psを発揮しますが、次期型では、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンに強力な電気モーターと組み合わせることにより、最高出力は643psを叩き出します。

これは最高出力510psを発揮するAMG C63Sの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを大きく上回るハイパワーとなります。

ベースとなるGLCは今後数ヵ月以内にデビューすると予想されていますが、AMGバージョンは2022年後半になりそうです。

(APOLLO)