ランクル プラドが13年ぶりフルモデルチェンジへ!高級化されるエクステリアを大予想

■V型6気筒を廃止、2.4リットル直列4気筒エンジンと電気モーターのハイブリッドに

トヨタは6月、世界に誇るフラッグシップ・クロスオーバーSUV、新型「ランドクルーザー」を発表しましたが、ファミリーモデル「ランドクルーザープラド」次期型に関する情報を入手、それを元に予想CGを製作しました。

ランドクルーザー プラド_002
ランドクルーザー プラド 次期型 予想CG

初代プラドは「ランドクルーザー70系」の派生モデルとして誕生、ランクルの廉価版的なイメージが持たれていました。しかし、1996年に登場した2代目以降は大型化と高級化が加速、2009年から販売されている現行型の第4世代では、ランクルとは距離を置き自立したモデルと評価されています。

ランドクルーザー プラド_004
ランドクルーザー プラド 現行型

次期型のエクステリアは、サーフ譲りの大型化されたタイヤハウスで迫力アップ。ウインドウ下の、フロントからリアまで張り出したサイドラインを特徴とし、ヘッドライトは3連プロジェクターLEDを内臓、シャープな顔つきが予想され、高級感が増すと予想されます。

また、グリル周りのサブデュフューザー&メインの両サイドデュフューザーがワイド感たっぷりに演出されそうです。

パワートレインの注目はV型6気筒の廃止が予想され、最高出力250psレベルを発揮する新開発の2.4リットル直列4気筒エンジンと、最高出力150psの電気モーターのハイブリッドが目玉で、システム合計の最高出力は400psに迫る可能性もありそうです。

定評のある悪路走破性がさらに磨きがかかり、トータル面ではランドクルーザーを超える人気を集めるかもしれません。

新型ランドクルーザープラドのワールドプレミアは、2022年夏〜秋ごろと予想され、13年ぶりに第5世代へバトンタッチされます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?