ふてぶてしさが魅力!? メルセデスAMG「A35」改良モデルを初スクープ

■量産型ヘッドライトを初装備! 2.0直4ターボチャージャーはキャリーオーバーか

メルセデス・ベンツは、エントリーモデル「Aクラス」ファミリーの改良型を2022年から順次発表していく予定ですが、高性能ブランドAMGによる「A35」市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

メルセデス AMG A35_013
メルセデス AMG A35 改良型プロトタイプ

第4世代となる現行型「W177」は2018年にデビュー、翌2019年にはAMG「A35」が設定されており、これが初のフェイスリフトとなります。ベースモデルの開発車両は今夏から公道テストを開始していますが、AMGはこれがスパイショットデビューです。

メルセデス AMG A35_011
メルセデス AMG A35 改良型プロトタイプ

捉えたプロトタイプはフロントマスクをがっちりとガード、詳細は不明ですが、新設計されるとみられるラジエターグリル、コーナーエアインテークやバンパーを装備しているようです。

パナメリカーナグリルを装う偽装ですが、A35には採用されず、引き続き上位モデルの「A45」専用となるはずです。

また市販型コンポーネントと思われるLEDデイタイムランニングライトやヘッドライトユニットを初装着、その一部も鮮明に確認できます。

メルセデス AMG A35_015
メルセデス AMG A35 改良型プロトタイプ

後部では、LEDテールライトの周辺のみカバー。ライトにいくつかの調整が行われるはずですが、新設計されたユニットではなく、クラスタ内部のグラフィック変更のみが予想されます。

撮影したカメラマンによると、キャビン内は布で覆われていたと言い、ダッシュボードにいくつかの改良がなされる可能性がありそうです。

これには新しい素材や、場合によってはより大きなディスプレイを備えたインフォテインメントシステム、MBUXソフトウェアのアップデートが含まれる可能性もあると思われます。

現行型パワートレインは、2.0リットル直列4気筒DOHCターボチャージャーエンジンを搭載、7速DCTと組み合され、最高出力306psを発揮しますが、改良型で性能アップされるかは不明です。

AMG A35改良型のワールドプレミアは、2022年内と予想されます。

(APOLLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?