新型トヨタMIRAIがギネス世界記録を達成!南カリフォルニアにて満タン約1359km走行

■ラッシュアワーの時間帯も含めて世界記録を達成

米国トヨタは、2021年10月8日、新型MIRAIが845mile(約1359km)のゼロエミッション走行(1回の水素充填での走行距離)でギネス世界記録を達成したと発表しました。 走行ステージは南カリフォルニアで、1回約5分間の水素の完全充填後に845マイルという走行距離を達成したそうです。

トヨタMIRAI
北米トヨタのボブ・カーター副社長とMIRAI

今回の新記録は、Ward’s Automotive誌の「10Best Engine & Propulsion Systems」に選出され、ゼロエミッション車の新たな一里塚を築いたことになります。

トヨタ・モーター・ノース・アメリカのボブ・カーター上級副社長は、「2016年、トヨタ・ミライは、北米で初の量産型FCEVとなりましたが、今回、新型ミライが走行距離の記録を更新しています。我々は、最先端技術のリーダーであることを誇りに思っています。この技術は、今後の戦略において、私たちのゼロエミッション車のラインナップの1台に過ぎません」とコメントしています。

トヨタMIRAI
ギネス世界記録を達成したトヨタMIRAI

今回の公式記録達成は、ギネス世界記録の厳格なルールと記録方法に則って行われています。2021年8月23日、24日の2日間に行われた走行で、MIRAIは水だけを排出して152MPGe(Mile Per Galon equivalency)を記録。

ギネス世界記録の審査員であるマイケル・エンプリック氏は、今回のドライブの最初と最後に、MIRAIのタンクにシールを貼って検証しました。2021年8月23日、カリフォルニア州ガーデナの「トヨタテクニカルセンター(TTC)」から2日間のドライブがスタート。2人の熟練ドライバーは、南のサン・イシドロまで向かい、そこから北のサンタ・バーバラまで行き、パシフィック・コースト・ハイウェイに沿ってサンタ・モニカやマリブ・ビーチを通過。

トヨタMIRAI
ドライバーのウェイン・ガーデス氏とギネス世界記録審査員のマイケル・エンプリック氏

その日の夜にTTCに戻った2人は、2回のドライバー交代だけで473mile(約761km)を走破。翌24日には、ロサンゼルスとオレンジカウンティを結ぶサンディエゴ・フリーウェイの朝と昼のラッシュアワーも含め372mile(約598km)を走行し、水素がなくなるまでTTCに戻ってきて、合計845mile(約1359km)を走行したことを審査員のエムプリック氏が確認したそうです。

MIRAIは、走行終了までに合計5.65kgの水素を消費し、走行ルート上にある合計12ヵ所の水素ステーションを無給油で通過しました。

トヨタMIRAI
最終的なマイル数はGPSで記録された

主にラッシュアワーで交通量が多く、気温は約18.3〜28.3度の間で走行。通常の内燃機関車が同じ距離を走行した場合、約664ポンド(301kg)のCO2を排出するのに対し、MIRAIは当然0ポンドとなります。

塚田 勝弘