カロッツェリアがサイバーナビ/楽ナビ向け地図更新ソフトとオービス商品を発売!

■古い地図データは出先で迷う原因にも

魅力的なカーナビをリリースし続けるカロッツェリアが、サイバーナビや楽ナビ向けに、2021年度版の地図更新ソフトとオービス商品の販売を始めます。

今回のデータでは、以下のような道路の更新が行われているようです。
・「名古屋第二環状自動車道(名古屋西JCT~飛島JCT)」
・「東九州自動車道(志布志IC~鹿屋串良JCT)」
・「宮古盛岡横断道路(平津戸・岩井~松草)」
・「東名高速道路(綾瀬スマートIC」
・その他の道路データや地点情報データ

最新ソフト一覧
最新ソフト一覧

今回販売される商品は上記の通りです。ソフトを入手するには、有償のSD送付サービスを利用するか、カーナビのインターネット接続機能を利用してダウンロードするという2種類があるとのこと。なおダウンロード版は、MapFanプレミアムの地図割プラスの対象となっており、MapFanプレミアム(年額・税込3960円)に加入すれば追加費用なしでバージョンアップができるそうです。販売開始は11月から(※一部商品は12月から)。

カーナビに頼ってドライブに出かけたら、新しい道路が出来ていて道に迷ってしまった、なんてこと時々ありますよね。そんなトラブルを避けるためにも、地図は定期的にアップデートしておきましょう。

(文:角田伸幸)

【関連記事】

・つながる機能がさらに充実。最高級カーナビ・カロッツェリア「サイバーナビ」が新製品8機種を発表
https://clicccar.com/2021/10/05/1122626/