2021全日本ラリーに参戦したGRヤリスRSを初めて運転したらビックリ♪☆元SKE48梅本まどか通信55

■全日本カート選手権で私がコ・ドライバーしているGRヤリスRSを初ドライブ!

●もっと上手く、速く運転できるようになりたい!

こんにちは♪ 元SKE48梅本まどかです。

今年2021年、全日本ラリー選手権に参戦した時のマシンWellpine Motorsport「GRヤリスRS」。

梅本まどか
無事目的地について嬉しいポーズ♪

新城ラリー(3月19日〜21日)とモントレー(6月11日〜13日)でこのマシンに乗ったのですが、普段私はコ・ドライバーなのでなかなか運転する機会がなかったのです。

リエゾン区間(SSとSSの間/ロードセクション/一般道)などで、コ・ドライバーが運転する場合もあると聞いたことはあるけど、実際にラリー中もラリーに行くまでの移動でも、私は運転した事がなく、ちょっと気になっていました。

夏頃に撮影でマシンと一緒に移動する事があり、監督に「ちょっと運転してみたい!」と話すと、「いいよー!」って言ってもらえたので乗れることに!

ホントに10分くらいの道のりでしたが、実際に運転できるということで、わくわく♪

●運転席からの眺めは…見えない!?

運転席側に座ったことはあるけど、いざ運転するとなると驚くことが沢山ありました。

梅本まどかの目線
上り坂での視界はこんな感じです

GRヤリスRSに乗る直前まで愛車の86を運転して移動していたのですが、86の方が視界がいいことにびっくり!!! イメージ的にはヤリスの方がいいと思っていたのですが、ラリー中の助手席からの景色を思い出し、確かにこんな感じだったなと。

5分くらい走ると今まで舗装路だった道が砂利に!! 砂利道を運転した事があまりない私は一気に緊張し始め、更にアップダウンの激しい道へ。

これは難しいと思いながら運転をしていったのですが、これから撮影する車両なので傷つけないかひやひやしました(汗)。

隣に乗っていた監督にアドバイスをもらって運転していたのですが、監督は実は11年前にドライバーとしてラリージャパンに出場経験のある方。「こう切るんだよ」と教えてもらいながら無事、目的地に到着。

登り坂では下が全く見えず、久しぶりにひやひやしながら走ったのですが、バケットシートなのでシートが低く、ちょっとの登り坂でも前が見えないので、こんな中で運転しているドライバーさんを改めて凄いなと感じました。

●ハンドルの軽さにビックリ!

運転して一番驚いたのはハンドルの軽さ! ハンドルをきってみると、「え?」と思わず声が出るほど軽く、「こんなに軽いんですか?」と隣に乗ってくれていた監督に話すと「そう!?」とニンマリ。

GRヤリスRSのステアリング
GRヤリスRSのハンドルです

最初はこの軽さに慣れなかったのですが、長い時間運転するには体力的にも凄くいいのだろうなと感じました!

スイッチ類も沢山あり、見た目もかっこいいのでテンションが上がっちゃいました♪

アクセルやブレーキの感覚など、運転してみて感じることは沢山あり、今回知ることができてよかったです。

帰りは監督に運転してもらったのですが、やっぱり助手席がいいなと、どこかホッと感じてしまったのはここだけの話です(笑)。

実際に大きな石などがあり、監督は運転する時に見えていたみたいで、あの石どかしてきてなど指示をもらったのですが、展示や撮影車両なので実際に監督も傷がつかないよう丁寧に慎重に運転したと聞いた時は、私の運転じゃなくてよかったと思うのと同時に、もっと運転が上手くなりいろいろ判断できるようになりたいとも感じました。

梅本まどか
こんな道を走りました(笑)

監督から運転について「ここはこう走るんだよ! こう言う時は…」など、速度はラリーのSSみたいにアタックしながら…というワケではないですが、いろいろアドバイスをもらいながらドライブできて、帰りは行きのハラハラとは逆で楽しい時間でした♪

このマシンの一番のポイントであるリヤウィングですが、これは監督が作ったもの。「この前、走った時に効果を感じたんだよ」などの話も聞けて面白かったです。

このマシンを運転し、学べたこともありましたが、もっと運転が上手くなりたいなぁ…と強く感じたのですが、そんな私がなんと!! ダートラの練習会に参加できることに!!!

梅本まどか
2021年、全日本ラリー選手権で乗っているGRヤリスRSとWellpine Motorsportスタッフの皆さんと一緒に!

この話は次回書きますので、皆さんお楽しみに♪

(梅本まどか)