ラリー中にペースノートが書きやすいシャーペンとは?☆元SKE48梅本まどか通信53

■コ・ドライバーの必需品、シャーペンのお気に入りはコレ!

●芯が折れない、折れてもすぐに押して書ける、そしてなくさない!が大事

秋めいてきました~。 こんにちは♪ 元SKE48梅本まどかです。

梅本まどか
愛車の中でパシャリ♪

今年2021年のラリー参戦予定は、残るところ11月11日(木)~14日(日)に愛知・岐阜で行われる予定の「FIA世界ラリー選手権 フォーラムエイト・ラリージャパン」のみ。

なので、中々ラリーで使うノートやシャーペンって出番がないんです。最近は、もう撮影の時以外はバッグの中へ。

バッグといえば、コ・ドライバー用のバッグがあるって皆さん、ご存知でしたか?

私は最初知らずにリュックで行っていたら、ラリー中もコ・ドライバーは管理や保管する物が多く、また取り出しやすさも重要!

梅本まどか
このスパルコさんのバックです。

また、収まりの良さも大事になってくるんです。収まりの良さというのはSS中の揺れでカバンが邪魔になっては困るし、危険なので足元の右側の隙間に収納しているんです。

そのため細長いバックになってます。

カバンの中身も沢山入れると重くなってしまい、タイムに影響するので極力減らして、大事なものだけを入れています!!

このコ・ドラバックは常にこのマシンに置いてあり、ラリーで大切な「OK」や「SOS」ボードも絶対に忘れないようにしてあります。

梅本まどか
カバンの中をパシャリ。

イベントで監督が乗っていた時に撮らせてもらったら、しっかり入ってました!

ペースノートや必要な書類をまとめたファイル、あと最近はタイムカードを最初に全て渡されるので、そういった大切なものは無くさないよう、私は必ずこの場所に入れてわからなくならないようにしています。

あとは、予備のシャーペン1つも必ず入れておきます!

梅本まどか
お気に入りのシャープペン。

コ・ドライバーはレッキでペースノートを書いたり、ラリースタートしてからもタイムを書いたりと何気に書くことが多いのですが、その時に使用しているのがシャーペン。

これには理由があり、シャーペンは消すこともできるし、折れても押せば新たな芯が出てくるということが大事!

グラベルラリーは特に、ガタガタした道でノートを書くので、普通の鉛筆では芯が折れやすいんですよね! すぐに書かないと追いつかないので、そんな中、鉛筆を使うのはリスキー。

またペンだと、例えば1回目のレッキで書いて、2回目に修正する点が出たとき、そのまま上からわかりやすく書くとは思うのですが、ノートが少しごちゃごちゃしちゃいますよね!?

本番でそのまま読むよりも、時間がある時に消して書き直せた方が綺麗なノートになり、SS中の負担が減るので、シャーペンが1番いいと初めてラリーやる時に教えてもらいました。

●オシャレなシャーペンじゃなく、太くてストラップ付きがお気に入り!

「シャーペンがいい」と言っても、ラリーで使うシャーペンは学生の時によく見かけたものとはちょっと違います。

普通のよく見るシャープペンって芯が細くないですか? 細いと折れやすいのでポキポキ折れていたら、それこそちょっとしたストレス。

なので、ラリーでは鉛筆くらいの太さの芯のシャープペンを使います!

お気に入りは、鉛筆みたいな形をしている太さ2.0のこのシャーペン。頭にも消しゴムがついているので便利なんです。

梅本まどか
愛用中のネックストラップ付きのシャープペン。

でもこれは予備にしていて、いつも使っているのはこの紐のついているシャーペン。

コ・ドライバーはシャーペンをよく使いますが、手をあけたい時にどこに置いたかわからなくなっては困るので首からさげられるように、自分で作っちゃいました♪

ベテランの方だともっと上手に首から下げるように工夫していたり、足元に刺す場所を作り工夫されている方もいるのです。

実際に初めての年は何度かシャーペンが行方不明になった事があり、困りました(笑)。

バタバタすることもあるので、首から下げておくのは忘れないし、常に持ち歩けるのでホントに便利なんですよね!

ただ、もう少し見た目をよくしたいなと考えているのですが…(笑)。でも使いやすくて愛用している大切なグッズです。

また新調したらご報告しますね!

次回は今更ながら初めて今年お世話になったマシンをドライブしたお話。

お楽しみに♪

(梅本まどか)