既存車にも装着可!踏み間違い防止装置「FM300AA」は、ミリ波レーダーと単眼カメラで検知してペダル踏み間違い事故を抑制

■前後後方のペダル踏み間違い事故を軽減させる

ペダル踏み間違いによる重大事故が社会問題化している中、自動車メーカーはペダル踏み間違いによる事故を抑制する機能を標準化したり、オプション設定したりしています。さらに、自動車メーカーやカー用品の製造メーカーなどが後付できるアイテムを市販化しています。既存車への対応が課題のひとつといえるでしょう。

踏み間違い防止オートアラートFM300AA
前後方向のペダル踏み間違いに対応する「踏み間違い防止オートアラートFM300AA」

ACRは、国土交通省認定の急発進抑制装置「踏み間違い防止オートアラートFM300AA」を2021年9月1日に発売しました。

同アイテムは、既存車に装着できるアイテム。3つの機能を用意していて、前進時のペダル踏み間違い急発進抑制機能は、ミリ波レーダーと単眼カメラからなる前方監視装置が前方の障害物を検知。アクセルペダルとブレーキペダルを間違えて踏み込んでしまった際に、ブザー音とランプ点滅によりドライバーに警告。さらに、アクセルの信号を制御し、急発進を抑制する機能です。

そのほか、後進時のペダル踏み間違い急発進抑制機能も搭載されています。ギアがリバースに入っている際に、アクセルペダルを強く踏み込み、加速度センサーの信号が急加速を検知すると、ブザー音とランプの点滅で警告。さらに、アクセルの信号を制御し、急発進を抑制します。

踏み間違い防止オートアラートFM300AA
「踏み間違い防止オートアラートFM300AA」は、センシングにミリ波レーダーと単眼カメラを使う

また、衝突防止警報により衝突被害軽減をサポートする機能も用意されています。

ミリ波レーダーと単眼カメラの前方監視装置が進路上の車両や歩行者を認識し、衝突の危険性が高まると、ブザー音による警告で衝突回避を促す機能。なお、この衝突防止警報は、国土交通省認定外の機能。

「踏み間違い防止オートアラートFM300AA」の価格は、16万5000円(税込み、標準工事費込み)です。

塚田 勝弘

【関連リンク】

ACR
https://www.acr-ltd.jp/product/automatic_alert/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。