VW超コンパクトEV「ID.1」や「ID.2」を開発中の噂!

■「ID.2」はベイビーSUV、価格は19,000ユーロ(約245万円)程度に

フォルクスワーゲン(VW)は電動モデルに特化したブランド「ID」ファミリーを展開しています。現在ハッチバックの「ID.3」、およびクロスオーバーSUV「ID.4」をラインアップしていますが、その下に新たなIDモデルを開発している可能性があることがわかりました。

VW ID.3_008
VW ID.3

それが「ID.1」と「ID.2」です。現段階でどのようなボディスタイルになるかは不明ですが、「Auto Express」誌によると「ID.2」はベイビーSUVになる可能性があり、小柄で手頃なフルエレクトリック「MEB」プラットフォームの廉価バージョンを開発しているといいます。

VW ID.3_007
VW ID.3

ID新型モデルのデビューは、「Automotive News Europe」が2027年とする一方、クリッカーには2023年から2024年という情報が入ってきています。

VW ID.3_008
VW ID.3

ID2ではさまざまなバッテリーサイズを提供すると思われ、最小のものはわずか30キロワットと噂されており、これは120マイル(193km)の航続となります。また価格は19,000ユーロ(約245万円)とかなり手頃なモデルとなりそうです。

VWでは可能な限り開発費用を削減する計画で、すでにグループ傘下のSkoda に「ID.1」と「ID.2」というコンパクトEVの開発を任せたと噂されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?