VWのクーペクロスオーバーSUV「ID.5 GTX」はツインモーターの4WDを採用。500kmに迫る航続距離を実現

■流麗なルーフラインが目を惹くスポーティなSUV

2050年までに完全なカーボンニュートラルの実現を掲げるフォルクスワーゲン。2021年9月7日から開催される「ミュンヘンモーターショー2021」に、クーペクロスオーバーSUVでEVの「ID.5 GTX」を擬装したコンセプトカーとして披露します。

ID.5 GTXは、「MEB(モジュラー・エレクトリック・ドライブマトリックス)」をベースにした初のクーペSUVで、駆動方式は4WD。

フォルクスワーゲン ID.5 GTX
フォルクスワーゲンのクーペクロスオーバーSUVでEVの「ID.5 GTX」

最新のコネクティビティを備え、無線でアップデートができます。クーペクロスオーバーモデルらしい流れるようなボディラインが印象的なID.5 GTXは、短いオーバーハングと大径ホイールが個性を強調しています。

フロントで目を惹くのが「IQ.Light LEDマトリックスヘッドライト」で、フォルクスワーゲンのエンブレムに向かって細くなるライトシグネチャーは、ロービームを強調すると共に、動きのある表情を生み出しています。

また、傾斜のあるAピラーは、ルーフラインにエレガントな流れを付加。リヤビューは、水平基調のラインがワイド感を演出し、横一文字のテールランプは3Dデザインになっています。

フォルクスワーゲン ID.5 GTX
フォルクスワーゲン「ID.5 GTX」のリヤビュー

「GTX」という車名は、フォルクスワーゲン・ブランドにおいてスポーティグレードとして高い知名度を誇る「GTI」をはじめ、ディーゼルのスポーティモデル「GTD」、プラグインハイブリッドとしても日本に導入された「GTE」モデルの伝統を継承し、それを電動車両でも実現したグレードになります。

ID.5 GTXは、フロントアクスルとリヤアクスルの両方にモーターが搭載され、ツインモーターによる四輪駆動により、力強い走行性能、優れたトラクション、スポーティなハンドリングを実現するそう。

フォルクスワーゲン ID.5 GTX
低く構えたサイドビューが印象的

また、車軸間に大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、欧州値で最大497kmの航続距離を確保。ID.5 GTXは、2022年にも欧州に登場し、スポーティな「GTX」ブランドの2番目のモデルになります。

なお、フォルクスワーゲンは、2030年までに欧州での販売台数に占めるEVの割合を70%にまで引き上げるという戦略的な目標を掲げています。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。