新型フォルクスワーゲン・アルテオン、アルテオンシューティングブレークのエクステリアデザインをチェック!

■荷室容量で上回るシューティングブレークは、スタイリッシュなリヤビューも印象的

2021年7月にマイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲンアルテオンは、内外装のリフレッシュや先進安全装備のアップデートのほか、新たに「Shooting Brake(シューティングブレーク)」が追加されています。アルテオンの魅力であるスタイリングは、よりスタイリッシュに先鋭化されたように見えます。

フォルクスワーゲン・アルテオン
シューティングブレーク「R-Line Advance」のエクステリア

ボディサイズはデザイン変更により、先代よりも全長が5mm、全高が10mm高くなっています。ファストバックである5ドアハッチバックもシューティングブレークも全長4870×全幅1875×全高1445mm。ホイールベースは、2835mmです。

フロントは、ボンネットがラジエーターグリル上部にまで延長され、目を惹くクロスバーと共に新型アルテオンを印象づけています。

フォルクスワーゲン・アルテオン
5ドアハッチバック(ファストバック)のリヤビュー。写真は「R-Line Advance」
フォルクスワーゲン・アルテオン
5ドア(ファストバック)のスタイリング

フロントグリルには、新デザインの「VW」エンブレムが備わり、周辺に2本のクロスバーを設置。標準装備のLEDヘッドライトは、改良前よりも低いポジションに配置されています。

さらにLEDストリップは、デイタイムランニングライトとサイドマーカーライトの役割を担うほか、ターンシグナルとしても機能します。

フォルクスワーゲン・アルテオン
アルテオンのフロントマスク

フロントエンドでは、ライトエレメント、ラジエターグリル、ボンネットが一体感のある ユニットを形成しています。ライト点灯時は、ラジエターグリルの2番目のクロスバー全体が光を発することで、先進的なムードを演出。

また、5ドアハッチバックとシューティングブレークでは、サイドビューが異なり、Bピラーから後方へ向かうルーフ、そしてウィンドウグラフィックも含めて異なったデザインが与えられています。サイドのキャラクターラインにより、低く構えたスタンスを印象づけています。

フォルクスワーゲン・アルテオン
シューティングブレークのリヤビュー
フォルクスワーゲン・アルテオン
アルテオンシューティングブレークのリヤビュー

リヤビューも改良前よりもワイド&ローに映ります。リヤまわりのロア部は、ハッチバックもシューティングブレークも意図的に同じデザインが採用されているそう。

先代と比べると、LEDテールライトクラスターと「VW」エンブレムが変わったのがひと目で分かります。一方、テールライトは両モデルではデザインが異なっています。ハッチバックのトランクリッドは、流れるようなラインを描いています。

シューティングブレークは、ダイナミックなキャラクターを強調。もちろん、シューティングブレークは印象的なショルダーとルーフラインを描き、力強くスタイリッシュな後ろ姿になっています。

フォルクスワーゲン・アルテオン
新しくなった「VW」エンブレム

なお、ラゲッジスペースはアルテオン(ファストバック)が563L-1557L、シューティングブレークは565L-1632L。最大時の容量では、後者の方が一段と大きくなっています。

スタイリングの好みで選べいいと思いますが、少しでも広い荷室が必要でしたら、ワゴン的なキャラクターであるシューティングブレークの方が向いています。

フォルクスワーゲン・アルテオン
「R-Line Advance」のスタイリッシュなアルミホイールと245/35R20タイヤ

(文:塚田 勝弘/写真:小林 和久)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。