BMW X5M(G05型)が初の大幅改良へ! 市販型ボディで初登場

■ワイドに湾曲された14.9インチのインフォテイメントスクリーン採用か

BMWは現在、ミッドサイズ・クロスオーバーSUV「X5」改良型を開発していますが、その最強モデルである「X5M」最新のプロトタイプをカメラが捉えました。

BMW X5M_002
BMW X5M 新型プロトタイプ

初代X5(E53型)は2000年に発売されました。ハードコアとなるピュア「M」モデルは2007年に登場した第2世代(E70型)に初設定、2013年の第3世代では排除されましたが、第4世代(G05型)となる現行型で復活、これが初の大幅改良となります。

BMW X5M_010
BMW X5M 新型プロトタイプ

改良型プロトタイプは、今年4月にも目撃されていますが、その時は現行型のテストミュールでした。しかし今回は刷新されたコンポーネントを初装着しての登場となっています。

捉えたプロトタイプは、ヘッドライトこそプレースホルダー(暫定コンポーネント)ですが、ボディは市販型とみられ、若干大型化されるキドニーグリルをカモフラージュ、バンパー下部のセカンドグリル、両サイドのコーナーダクトなど同じ数のグリルと給気口を装備していますが、そのデザインは新設計となります。

後部は変化が見られませんが、LEDテールライトのグラフィックやディフューザー、そしてバンパーが改良される可能性は高いです。

わずかにみえるキャビンですが、フルエレクトリックSUV「iX」と同様に12.3インチの自立型デジタルインストルメントクラスタ、および広く伸びて湾曲した14.9インチのインフォテイメントスクリーン、新設計の開閉装置や小型化されたギアシフターの採用も期待できるでしょう。

BMW X5M_010
BMW X5M 新型プロトタイプ

パワートレインは最高出力608ps・最大トルク750Nmを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンがキャリーオーバーされることが濃厚です。引き続き8速ATが組み合わされ、アクティブMディファレンシャルを備える「M xDrive」全輪駆動システムに動力が送られます。

このセットアップにより、オプションのMドライバーパッケージを装備したモデルでは、0-100km/h加速3.8秒、最高速度は285km/hに達することになります。

またコンペティション仕様では最高出力が625psへ向上、0-100km/h加速は3.7秒に短縮します。おそらく改良型ではこれらがキャリーオーバーされると思われます。

X5M改良型の登場時期は明確になっていないませんが、現行型X5のデビューは2018年、X5Mが2019年に登場していることから、早くとも2022年以降と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?