メルセデス・ベンツ Gクラス、いよいよエレクトリック版を発表へ

■デビューは9月。「EQG 560」「EQG 580」が商標登録済み

メルセデス・ベンツのベストセラー・オフローダー「Gクラス」のフルエレクトリックバージョンがついに登場する可能性が高いことがわかりました。

メルセデス・ベンツ Gクラス_003
メルセデス・ベンツ Gクラス 燃焼エンジンモデル

メルセデス・ベンツのデジタル化部門トップのサシャ・パレンバーグ氏は、2019年11月、自身のツイッターにて「ダイムラーのオラ・ケレニウスCEOが、メルセデス・ベンツGクラスのEV版を数年以内に、市販化する方針を固めた」とコメントしましたが、いよいよ実現するときが来たようです。

EVモデルの仕様は現段階で不明ですが、デュアルモーターを搭載する四輪駆動が予想され、最高出力は500psオーバーと噂されています。大型の108kWhバッテリーを積み、WLTPサイクルで航続は役500km(311マイル)のパフォーマンスが期待されています。

車重はディーゼルのAMG「G350 d」が2,351kg(5,183ポンド)、AMG「G63」が2,650kg(5,842ポンド)ですが、EVバージョンでは巨大なバッテリーを積むため3,000kgオーバーになる可能性があるといいます。

メルセデス・ベンツは、欧州連合知的財産庁に「EQG 560」、および「EQG 580」を登録しており、この2つのバージョンが有力とされます。またEQGはフラッグシップ「EQS」と、今後登場予定の「EQE」のように専用のエレクトリックモデルではなく、燃焼エンジンGクラスEVバージョンとなることも濃厚です。

GクラスEVバージョンは、2021年9月に開催される「IAAモビリティ」にてワールドプレミアになると思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?