新型トヨタ タンドラ、自慢のパノラマルーフを初披露!

■3.5リットルV型6気筒「iForce MAX」エンジンを新たに搭載

トヨタは、約2ヶ月前からピックアップトラック『タンドラ』次期型のティザーキャンペーンを開始していますが、新たにパワースライディングパノラマルーフの画像が公開されました。

トヨタ タンドラ_005
トヨタ タンドラ 新型 ティザーイメージ

初代タンドラは「T100」の後継車として2000年に発売、同社のフルサイズクロスオーバーSUV「セコイア」とはプラットフォームを共有する兄弟モデルとなっています。

現行型の登場は2007年と古く、2014年には大幅改良が行われていますが、これが14年振りのフルモデルチェンジとなります。

現在パワースライディングパノラマルーフを備えるピックアップトラックは少ないですが、タンドラは初代から採用、第3世代でも継承されることが確実となりました。

トヨタ タンドラ_004
トヨタ タンドラ 新型 ティザーイメージ

タンドラ次期型に関しては、これまでシートベルトとカラーコーディネートされた赤いレザーのキャビン内や、12時の位置まで伸びる赤いアクセントのあるステアリングホイール、ダッシュボード内ディスプレイに代わる新しい自立型インフォテインメントなどが予告されていました。

トヨタ タンドラ_003
トヨタ タンドラ 新型 ティザーイメージ

パワートレインは、5.7リットルV型8気筒に代わり、3.5リットルV型6気筒「iForce MAX」エンジンを新たに搭載。

最高出力386ps・最大トルク544Nmを発揮するエントリーモデル、および最高出力425ps・最大トルク650Nmを発揮するハイパフォーマンスモデルがラインアップ、V型6気筒では10速オートマチックトランスミッションのみが組み合わされます。

タンドラ次期型のワールドプレミアは今秋と予想されています。

(APOLLO)