これがプロトタイプだ! メルセデス・ベンツ、新クラス「CLE」導入か?

■Cクラス/Eクラスのクーペ、およびコンバーチブルの代替えモデル

先日、メルセデス・ベンツ「Cクラス」新型に設定される「Cクラス カブリオレ」と思われるプロトタイプを捉えましたが、新スパイショットを入手するとともに、新たな説が浮上してきました。

メルセデス・ベンツ CLE_001
メルセデス・ベンツ CLEクラス 開発車両

メルセデス・ベンツでは、「Cクラス」と「Eクラス」のコンバーチブルとクーペバージョンの人気が低下しており、モデルラインアップを合理化、統合する計画が噂されていました。

今回捉えた2台のプロトタイプですが、スウェーデンで撮影された開発車両はEクラス コンバーチブルを伴っており、Cクラス コンバーチブルの後継車ではない可能性が高いです。またCクラス新型のキャラクターラインより、ドアに沿ってアグレッシブに上昇していることがわかるほか、ホイールベースもCクラスより長い印象も受けます。

メルセデス・ベンツ CLE_012
メルセデス・ベンツ CLEクラス 開発車両

市販型でCクラス/Eクラスのコンバーチブルにとって代わると言われるのが「CLE」クラスで、すでに商標登録も確認されていることがわかりました。

アーキテクチャにはCクラス新型と「MRA-2」モジュラープラットフォームを共有、AMGが開発中の新型SL同様にハードトップでなくファブリック製が採用されるほか、シートレイアウトは4シーターと予想されます。

CLEが発売されれば、市場ではアウディ「A5」やBMW「4シリーズ」と競合することになります。両モデルにはクーペとコンバーチブルだけでなく、「スポーツバック」「グランクーペ」バージョンも存在しており、メルセデス・ベンツでも「CLE」4ドアクーペバージョンを設定して対抗すると予想されます。

CLEクラスが導入される場合、デビューは2023年が有力と言えそうです。

(APOLLO)