同社初のEVに! マセラティ グランツーリズモ 次期型を全角度から激写

■EVにはイタリア語で「稲妻」を意味する「Folgore」ドライブトレインを初採用

マセラティは6月に「グランツーリズモ」次世代型プロトタイプを公式リークしましたが、より鮮明な撮影に成功しました。

マセラティ グランツーリズモ_003
マセラティ グランツーリズモ 新型プロトタイプ

テスト車両は依然としてディテールが隠されていますが、初めて上からの撮影に成功。ルーフやリアウィングの形状がわかるほか、「MC20」と同様の新しいヘッドライトを装着していることも確認できます。

また、同ブランド特有のワイドグリルや、コーナーに押し出された大型エアインテークなどが見てとれると同時に、現行型よりラウンドしたフロントエンドが予想されます。

マセラティ グランツーリズモ_011
マセラティ グランツーリズモ 新型プロトタイプ

最大の進化は、V型8気筒自然吸気エンジンからフルエレクトリックパワートレインへの移行です。グランツーリズモは2007年に4.2リットルのフェラーリ製エンジンを搭載し発売、その後4.7リットルに拡大された「グランツーリズモ S」を設定していますが、このフルモデルチェンジでは大きな転換期となりそうです。

マセラティ グランツーリズモ_007
マセラティ グランツーリズモ 新型プロトタイプ

同ブランド初のモデルとなるEVは、イタリア語で「稲妻」を意味する「Folgore」ドライブトレインを初めて採用。フロントアスクルに1つ、リヤアスクルに2つのトリプルモーターセットアップを搭載し、AWDと組み合わされます。

リヤモーターには、アクティブトルクベクタリングを可能にする個別の出力およびトルク管理を備え、最高出力はガソリンより強力で600ps以上は確実とみられています。

グラントゥーリズモのワールドプレミアは2021年内と予想され、派生オープンモデルの「グランカブリオ」は2022年内のデビューが期待されています。2021年内には新型SUV「グレカーレ」も発表予定で、2024年までには16台の新型モデルが登場予定となっています。

(APOLLO)