300万円で買えるブガッティ!? レバノン初のEV「クスド・ライズ」がお披露目

■オラオラだけど可愛い!? 「ドームイスラム神社」に着想を得たフロントグリル装備

レバノン初のフルエレクトリックモデル「ElectraQudsRise」(エレクトラ・クスド・ライズ)が、首都ベイルートでお披露目されました。

クスド ライズ_007
エレクトラ クスド ライズ

このEVスポーツカーは、レバノンで生まれたパレスチナの実業家・ジハード・ムハンマド氏が4年前に会社を設立し、プロジェクトが進められていました。

車名はアラビア語「al-Quds」(エルサレム)に由来、年間最大10,000台が生産されるといいます。

クスド ライズ_001
エレクトラ クスド ライズ

そのエクステリアはとてもユニークです。

エルサレムの旧市街地にある岩、「ドームイスラム神社」に着想を得たフロントグリルはまるでミニブガッティです。

フロントエンドにはワイドなエアインテーク、釣り上がる大型ヘッドライト装備、後部では、際立つディフューザー、ブーメラン型リフレクター、三角形のLEDテールライトとターンシグナルが確認でき、オラオラ系ながら、どことなく可愛いルックスが印象的です。

足回りには235/45、255/40のタイヤと18インチの鍛造合金ホイールを装着、アルミニウムシャシーにより支えられています。

車内にはデジタルゲージクラスタ、ダッシュボードのセンターには、あらゆるコントロールを収容する大型で縦型の15.9インチタッチスクリーンを装備しています。

動力は160hpのシングル電気モーターから供給され、約5秒で100km/hに達するといいます。最高速度は165km/h、1回の充電で450km(280マイル)の航続を提供する50kWhのリチウムイオンバッテリーを備えています。

クスド・ライズ市販型はすでに予約が始まっており、価格は25,000ユーロ(約330万円)とブガッティの約1/100という衝撃のプライスにも注目です。

デリバリーは2022年からスタート、今後はセダンの「Quds Capital ES」、スポーツカー「Quds Nostrum EE」、さらにレトロ風EVタクシー「eCab」など多くのモデルを計画しているといいます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?