これなら買える!? ポルシェ タイカンより廉価なEVサルーンを開発中との噂はホント!?

■「PPE」アーキテクチャを採用、アウディ「A4 E-Tron」と兄弟モデルの可能性

ポルシェは2019年にブランド初量産EVセダン「タイカン」をワールドプレミアしましたが、今度はその下に位置するモデルを開発している可能性があることがわかりました。

ポルシェ ビジョン ツーリスモ_003
ポルシェ ビジョン ツーリスモ

量産型ではタイカンから流用する「PPE」(プレミアムプラットフォームエレクトリック)を採用。2022年に発売予定のアウディ「Q6 E-Tron」や、2023年に登場予定のフルエレクトリック「マカン」次世代型につづくと見られます。

ポルシェ ビジョン ツーリスモ_004
ポルシェ ビジョン ツーリスモ

PPEは、350kWの急速充電とトルクベクタリングのサポートはもちろん、全輪ステアリングとエアサスペンションを提供することにより、同じグループであるVWの「MEB」より洗練されていると言われます。

この計画はAutocar誌の調べによると、テスラ「モデル3」やBMW「i4」に対抗するモデルを計画していることは認めていますが、まだ承認されていない状況で、同ブランドは10年前に商標登録し話題となった「Cajun」の車名が採用される可能性があるといいます。

現時点で承認されていないということは、2025年までに製品版が登場する可能性は低いと思われますが、生産が決まれば、ポルシェのライプツィヒ工場で製造されると思われ、後輪駆動タイカンの日本国内価格1171万円を下回ることが確実であるとともに、大きな需要が見込まれるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?