性能一新の大アップデート!生まれ変わったホンダCRF250Lの実力とは!?【概要編】

■徹底リニューアルが生み出した250オフの超新星

十分なパワーと扱いやすさを兼ね備えた250ccオフロードモデル。多くのオフロードライダーに愛されてきた名だたるマシンたちすら、次々に国産250オフ車のラインナップから姿を消していくなか、2012年から販売されてきたホンダのCRF250Lが大幅なモデルチェンジを受け、2021年型として華々しくデビューしました。

CRF250L
2021型CRF250L〈S〉。末尾に〈S〉がついているのは、無印スタンダードモデルの足回りをさらに強化した、よりスポーティなモデルです。
CRF250L
新型CRF250Lは、従来型がもつ「オンでも便利、オフでも楽しい」という特性はそのままに、オフ性能がぐっと引き上げられています。

ほんのちょっとでも乗れば、誰にでも体感できる性能一新の大アップデートで、すっかり生まれ変わった新CRF250L。

ここまでくっきり性能が違うなら、いっそもう別の車名で出てきたっていいかも…と感じさせられるほどの本格派オフロードバイクに仕上がっています。

●CRFの名はレーサー譲り

CRF250L
いっそう豊かになったトルクとパワーが新型CRF250Lの軽やかな走りを支えています。
CRF250L
CRFシリーズの最高峰、CRF450RWをイメージしたアグレッシブなスタイリング。車両重量140kgのボディに、24PSを発揮する水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジンを積んでいます。

もともとCRF250Lの車名末尾の「L」は「Legal」(合法)、つまり「競技車のCRF250シリーズと同じ名前だけど、公道を走れるバイクですよ」といった意味でつけられた一文字です。

それほど濃厚なオフロードレーサーのイメージを身にまとって生まれてきたCRF250Lでしたが、じつは従来型CRF250Lのオフロード性能はちょっと控えめでした。

CRF250L
新型CRF250Lは、本格オフロード・モデルへ大胆にシフト。乗れるライダーにこそ味わってほしい、タフでパワフルな一台です。

従来型CRF250Lだって十分よく走り、CRF250RALLYなどの派生モデルを生み出してきた人気車です。

ただ、ロードモデルCBR250RのMC41Eエンジンから作られたMD38Eエンジンは、中低速寄りにリファインされているとはいっても、やっぱりまだ高速側のほうがやや得意。足回りも、モトクロスコースのようなハードな路面では、線が細くて踏ん張りがききづらい印象が残りました。

そのため従来型CRF250Lは、オンロードライディングやライトな林道ツーリングなどには適していても、本格派オフロードライダーたちからは、オフロード性能にいま一歩の物足りなさを感じる声がちらほら聞かれるマシンでもあったのです。

●一新されたオフロード性能

CRF250L
新型CRF250Lは、オンとオフの性能が高次元でマッチ。どんなシチュエーションでも、どんな路面でも扱いやすく楽しいマシンです。

2021年に登場した新型CRF250Lは、この点を踏まえ、誰もが驚くドラスティックな大変貌をとげたニューバージョンです。とくにオフロード性能の向上には目を見張るばかり。

従来型CRF250Lを知っているライダーなら、新型に乗った瞬間、きっと「あ! こっちはガチのオフロードバイクだ!」と感じることができるでしょう。

CRF250L
CRF250L〈S〉はスタンダードモデルをさらにスポーティにした足長バージョン。女子にはちょっと厳しい880mmのシート高です。

2021年型CRF250Lの大変革の中核を担うのは、なんといってもオフロード性能に焦点をあててチューニングされたMD47Eエンジン。感動的な分厚い中低速トルクと伸びやかな高回転域のパワー、そして力強いパルス感が味わえます。

そして大変革のもうひとつの目玉は、もちろん足回り。とくにオフロードランでは、しなやかで粘り強い、圧倒的な足の良さが際立ちます。

CRF250L
身長164cmの私の場合、どうにか爪先がつく程度。でも軽くて低速トルクが太く、扱いやすいので、見た目ほどの不安はありません。

従来型CRF250Lには、スタンダードモデルよりも車高を下げて乗りやすくしたローダウンモデルのLDが用意されていたのと対照的に、新型CRM250Lでは、スタンダードモデルよりも車高を上げ、走りの良さを引き出した足長タイプの〈S〉が用意されています。

私は今回、2021型CRF250Lの走りの真骨頂が味わえる〈S〉モデルに試乗。オン/オフ両面からインプレッションをお届けします。次回以降をぜひお楽しみに!

(文:村上 菜つみ/写真:高橋 克也)

【ホンダ CRF250L 主要諸元】

車名・型式 ホンダ・2BK-MD47
全長(mm) 2,210〔2,230〕
全幅(mm) 820
全高(mm) 1,160〔1,200〕
軸距(mm) 1,440〔1,455〕
最低地上高(mm) 245〔285〕
シート高(mm) 830〔880〕
車両重量(kg) 140
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.3
エンジン型式 MD47E
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm3 249
内径×行程(mm) 76.0×55.0
圧縮比 10.7
最高出力(kW[PS]/rpm) 18[24]/9,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 23[2.3]/6,500
燃料供給装置形式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 7.8
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.538
2速 2.250
3速 1.650
4速 1.346
5速 1.115
6速 0.925
減速比(1次/2次) 2.807/2.857
キャスター角(度) 27° 30′
トレール量(mm) 109
タイヤ 80/100-21M/C 51P
120/80-18M/C 62P
ブレーキ形式 油圧式ディスク(ABS)
油圧式ディスク(ABS リアキャンセル機能付き)
懸架方式 テレスコピック式(倒立サス)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 セミダブルクレードル

メーカー希望小売価格:59万9,500円(税込)

【関連リンク】

CRF250L Official Site
https://www.honda.co.jp/CRF250L/

モトチャンプ2021年6月号村上菜つみさんがホンダ・CRF250Lで出かけたツーリング記事は、月刊誌「モトチャンプ」2021年6月号(5月6日発売)に掲載されています。