韓国の「LS」!? 新型・ジェネシスG90、ベントレー級のボディを披露

■5.0リットル自然吸気V8やフルエレクトリックモデルも設定へ

ヒュンダイが手掛ける高級ブランド「ジェネシス」のフラッグシップモデルといえば「G90」ですが、その次期型プロトタイプをはじめて鮮明に捉えることに成功しました。

ジェネシス G90_004
ジェネシス G90 次期型プロトタイプ

初代G90は、2018年まで「EQ900」の車名で販売されていましたが、2018年に登場した現行モデルからG90の名称が与えられています。

プロトタイプを見るのは2月のウィンターテスト以来ですが、相変わらず厳重なカモフラージュが施されています。しかし、2020年のフェイスリフトで改良された特徴的なスプリットヘッドライトが維持されていいることが見てとれます。

ジェネシス G90_006
ジェネシス G90 次期型プロトタイプ

また、復活するクレストフロントグリルを装備、室内はクーペ風「G80」より拡大されている様子が伺えます。全体的シルエットは、低く、ワイドでグラマラスな印象で、ベントレー「フライングスパー」やフォード「マスタング」を彷彿させるボディと言えそうです。

キャビン内では、2スポーク・ステアリングホイール、デジタルダッシュボードなど「G80」やSUVの「GV80」と似たレイアウトが予想されています。

ジェネシス G90_009
ジェネシス G90 次期型プロトタイプ

パワートレインは、最高出力365psを発揮する3.3リットルV型6気筒ツインターボエンジン、および最高出力420psを発揮する5.0リットル自然吸気V型8気筒エンジンがラインアップされるほか、フルエレクトリックバージョンも噂されています。

ジェネシスは、新しい「G80」とSUV「GV80」を追加した後、小型の「GV70」「G70」改良型を2022年に投入します。

G90は2022年前半のワールドプレミアが予想され、市場ではレクサス「LS」らと争うことになると予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
起亜 スポーテージ_002
満を持して世界初公開。起亜のクロスオーバーSUV「スポーテージ」はアウトランダー風デイタイムランニングライトを装備
BMW 8シリーズ_005
内外刷新! BMW 8シリーズクーペが大幅改良へ
日産 フェアレディZ ティザーイメージ_001
8月17日デビューへ! 新型フェアレディZはスープラよりお得な385万円から

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事