公開直前! インフィニティ・QX60、ラグジュアリーなダッシュを初公開!

■6月23日デビュー決定!  3.5リットルV型6気筒エンジンで299馬力

日産が海外で展開するハイモデルブランド、インフィニティは、6月23日に新型「QX60」をワールドプレミアすることを発表、内装の一部を先行公開しました。

インフィニティ QX60_002
インフィニティ QX60 新型 ティザーイメージ

同ブランドでは、2014年以降の全モデルに「Q」を使用。「QX60」は「XJ」からに車名が変更され、2016年に改良型が発表されており、これが初のフルモデルチェンジとなります。

2020年9月には、「QX60 Monograph」(QX60 モノグラフ)を発表、QX60次期型を示唆していました。

QX60 Monograph
インフィニティ QX60 モノグラフ コンセプト

公開されたティザーイメージは、上質なレザーを使用したダッシュボード、その上には、ワイドなナビゲーションディスプレイを搭載。

現行型よりあきらかにラグジュアリー感がアップしている様子が伺えます。

市販型3列シートのQX60は、日産「パスファインダー」をベースにしており、パスファインダーも数ヵ月前にアップデートがなされています。エクステリアはQXモノグラフに近いデザインが反映されるはずです。

パワートレインも同モデルと共有、3.5リットルV型6気筒エンジンを搭載し、9速ATと組み合わされます。パスファインダーでは最高出力288psと最大トルク351Nmを発揮しますが、QX60では最高出力299psにブーストアップされると予想されています。

インフィニティは、QX60が最大2,721kg(6,000ポンド)を牽引できると主張し、より魅力的なドライビング体験を実現するために、トルクベクタリング予測AWDを備えていることがアナウンスされています。

そのほか、インテリジェント・クルーズコントロール、交通標識人気などの機能を含む半自律技術の「ProPilotAssist」を備えています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?