BMW 8シリーズ カブリオレ改良型を初キャッチ。新インフォテイメントディスプレイを採用か?

■ディスプレイサイズもワイド化、最新ソフトウェアへアップデート

BMWのフラッグシップ・スポーツカー・8シリーズファミリーに設定されている派生オープン、「8シリーズ カブリオレ」改良型プロトタイプをカメラがはじめて捉えました。

BMW 8シリーズ_013
BMW 8シリーズ カブリオレ 改良型プロトタイプ

第2世代となる現行「G14」型は2018年にデビュー、2021年末には3度目の誕生日を迎えます。

ドイツ市街地で捉えたプロトタイプはカモフラージュが軽く、本格的調整はこれからのようです。

ダブルキドニーグリルは、弟分「4シリーズ」の「バックトゥース」ルートをたどることなく、現行型と同じ形状を維持、わずかに拡大されると予想されるほか、バンパーやヘッドライトがリフレッシュされるはずです。

BMW 8シリーズ_011
BMW 8シリーズ カブリオレ 改良型プロトタイプ

後部では、テールライトのグラフィックが刷新されている様子が伺えます。またバンパーも微調整され、ディフューザーの両側には、クワッドエキゾーストパイプを隠す排気トリムが見てとれます。

撮影された2枚のキャビン内画像には、最新の「5シリーズ」のように浮いたような新インフォテイメントディスプレイを確認、サイズもワイド化されていることがわかります。

さらにインフォテイメントシステム用の最新ソフトウェアがアップデートされることは間違いないはずです。そのほか、センターコンソールのHVAC、ラジオコントローラー、ギアセレクタ、カップホルダーなどは現行モデルと同じですが、今後着手される可能性もあるでしょう。

8シリーズカブリオレ改良型のデビューは、2022年前半と予想されています。

APOLLO

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?