マイナーチェンジを受けたプジョー3008は、キリッとした顔つきと先進安全装備のアップデートも見どころ

■立体感を増した3本爪のテールランプに、シーケンシャルウインカーを採用

2021年1月にマイナーチェンジを受けたプジョーのミドルサイズSUVである3008は、フロントグリルを中心に洗練されたデザインが採用されています。

プジョー3008
「3008 GT BlueHDi」のエクステリア

新型3008には、同ブランドの最新世代のデザインが与えられています。まず目を惹くのは、フレームレスになったフロントグリル。細かな横基調のバー(ライン)が美しいグラフィックスを描いています。

プジョー3008
フロントグリルとヘッドライトが一体化されたフレームレスに変わっている

また、LEDデイタイムライトは、セイバー(サーベルの意味)と呼ばれる牙状になり、現行208や2008などと同様に、最近のプジョーデザインとの整合性を感じさせます。

このセイバー状のLEDデイタイムライトは、より薄くワイドになり、縦のラインとフロントのアルミホイールを強調する視覚的な効果も狙っているとのこと。LEDデイタイムライトは、「GT」グレードではフルLEDヘッドライト化されています。

プジョー3008
キックアップするベルトラインによる躍動感の高さも特徴

リヤフォグ点灯時(日本ではあまり使われませんが)に光度と角度を調整するフォグモードも備わります。また、フロントバンパーは改良前よりも彫刻的な複雑なラインを描いていて、セイバー状のLEDデイタイムライトと共にキリッとした印象を付加。

サイドビューは、リヤドアからキックアップ(上昇)するベルトラインが特徴で躍動感を抱かせる角度になっています。また、お馴染みのライオンの3本の爪をモチーフとしたテールランプは、より立体感のあるデザインに変更。

さらに、シーケンシャルインジケーターが搭載され、先進性・非視認性が向上しています。

プジョー3008
ライオンの3本爪をモチーフにしたリヤコンビランプはより立体感のあるデザインに

一方のインテリアには、こちらもお馴染みの「PEUGEOT i-Cockpit」が採用されています。小径ステアリングのリムの上からのぞくメーターパネル、トグルスイッチ、シフトバイワイヤ化されたセレクターレバーを配置。視線移動や操作時のハンドルリーチが短くすむ同コクピットは、小径ステアリングの操作フィールに少し慣れが必要かもしれませんが、慣れてしまえば心地良い空間になるはず。

プジョー3008
先進性と操作性の高さが自慢の「PEUGEOT i-Cockpit」

なお、「PEUGEOT i-Cockpit」登場時は、チルトステアリングの可動域が小さく、メーターと干渉しないように上側にはあまり動きませんでしたが、最新世代では可動域が大きくなっています。

フランス車に期待されるシートはマイナーチェンジで刷新されていて、「GT HYBRID4」には、アルカンタラ&テップレザーのシート表皮でライトグレー基調カラーになります。

ガソリンとディーゼルの「GT」にも同じシート表皮が採用され、カラーはダークグレー基調に。さらに、「GT HYBRID4」「GT」には、レザーパッケージがオプション設定され、マイナーチェンジ前と同様にナッパレザーシートが継続採用されています。なお、「Allure(アリュール)」系グレードは、ファブリック&テップレザー/ダークグレー基調のシートが備わります。

プジョー3008
「3008 GT BlueHDi」のフロントシート

先進安全装備も最新世代にアップデートされています。最上級モデルであるプジョー508と同等レベルになり、衝突被害軽減ブレーキは、対車両、対歩行者、対二輪車、夜間検知に対応。さらに、停車後3秒位内であれば自動発進するアダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)を搭載のほか、車線維持機能である「レーンポジショニングアシスト」は、車線内における左右の位置をドライバーが選択することが可能だそう。

これにより、日本仕様は右ハンドル車ですので、ドライバーが把握しやすいように少し右寄りに設定したり、逆に左寄りに設定したりすることもできます。今回は高速道路を走ることがなく試す機会はありませんでしたが、高速道路での安心感につながりそうです。

このように、マイナーチェンジ版のプジョー3008は、「GT HYBRID4」の追加以外にも見どころが満載になっています。

(文/写真 塚田勝弘

『プジョー』の最新記事
プジョー508
プジョー508に1.6Lガソリンターボ+モーターのプラグインハイブリッド「508 GT HYBRID」「508 SW GT HYBRID」を追加設定
プジョー3008
プジョー3008のディーゼルエンジンモデル「3008 GT BlueHDi」は、乗り心地、ハンドリング、トルクフルな走りを享受できる
プジョー2008
プジョー208のCMにSIRUPの「Overnight」、2008のCMにPerfumeの「Time warp」を起用
プジョー3008
プジョー初のプラグインハイブリッド4WD「3008 GT HYBRID4」は、電動化と4WD化の利点を享受できる頼れるSUV
Peugeot2008_GT-LINE
FFのSUVは「なんちゃって」なのか? プジョーの最新モデル「2008」と「5008」をオフロードで確認してみた

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事