フォルクスワーゲン・ティグアンのロングバージョン「オールスペース」が欧州でマイナーチェンジ

■内外装のリフレッシュや常時オンラインのコネクティビティを搭載

フォルクスワーゲン・ティグアンは、欧州で2020年秋にアップデートされています。フォルクスワーゲンAGは、ティグアンのロングバージョンである「Tiguan Allspace(ティグアン・オールスペース)」のマイナーチェンジを本国で発表し、5月12日に初公開すると明らかにしました。

フォルクスワーゲン ティグアン・オールスペース
写真が1点公開されたフォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペースのマイナーチェンジモデル

ティグアン・オールスペースは日本未導入の3列7人乗りのSUVです。なお、数週間後には欧州で先行販売が開始されるそう。

ティグアンは、2007年の発売以来、欧州市場で人気を集め、2017年にはティグアンを22センチ(約56cm)延長したティグアン・オールスペースの登場により人気を加速させたそう。ロングホイールベース・バリアント(LWB)は、2017年の市場投入以来、2021年3月末までに全世界で約150万台が販売されています。

フォルクスワーゲン ティグアン・オールスペース
マイナーチェンジ前のティグアン・オールスペース

欧州における2020年秋のティグアンのマイナーチェンジは、ティグアン・オールスペースにも同様のメニューが盛り込まれ、よりシャープなエクステリア、デジタルコックピットやコネクティビティで先進的なインテリアを用意。

このロングバージョンには、斬新なエクステリアデザインに加えて、先進装備が用意されています。

ティグアン・オールスペース
ティグアン・オールスペースのラゲッジスペース(マイナーチェンジ前)

新しいコントロールシステムやアシストシステムにより利便性が向上されたほか、「MIB3」インフォテイメントシステムにより、常時オンラインとなる幅広いサービスや機能が用意されています。

ティグアン・オールスペースは、最大1,920Lの荷室容量を誇り、オプションの3列目シートを装着することで、7人まで乗車可能な十分なキャビンが確保され、ファミリーに最適なSUVになっています。

残念ながら日本には導入されていませんが、プジョー5008やメルセデス・ベンツGLBなどの7人乗りSUVとして一定の支持を集めそうです。

なお、中国向けのティグアンLは上海で生産され、北米・南米向けのLWB(ロングホイールベース)ティグアンと欧州向けのティグアン・オールスペースは、メキシコのプエブラで生産されています。

フォルクスワーゲンは、世界的にLWBバージョンをヒットさせていて、生産が開始されたティグアンの55%がロングホイールベースになっているそうです。

塚田 勝弘

『フォルクスワーゲン』の最新記事
フォルクスワーゲン・ポロ
フォルクスワーゲン・ゴルフに続き、ポロやアルテオンにも部分自動運転の「Travel Assist」を設定!?
VWの新型ティグアン
VWティグアンがマイナーチェンジ。飯田裕子が心動かされた「使い優しさ」とは?
フォルクスワーゲン・ゴルフ
1.0Lと1.5Lを設定する48Vマイルドハイブリッドの新型フォルクスワーゲン・ゴルフ。走りはいかに?
フォルクスワーゲン・ゴルフ
8代目になった新型フォルクスワーゲン・ゴルフのエクステリアデザインとインテリアをチェック
ゴルフ アクティブ フロントエクステリア
世界のVWゴルフ8は普通が一番! 高速での高い安定性はさすがの一言

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事