三菱自動車が「キッザニア甲子園」内のパビリオンとレンタカーをリニューアル

■新たにドライビングシミュレーターと新型「レンタカー」を用意

子どもが様々な「おしごと」を体験できるキッザニア。2019年の東京モーターショーにもキッザニアのコーナーが用意されたのも記憶に新しいところです。

三菱自動車工業とKCJ GROUPは、こども向け職業・社会体験施設「キッザニア甲子園(兵庫県西宮市)」の「運転免許試験場」パビリオンを2021年4月9日にリニューアルしました。また、「レンタカー」パビリオン内のレンタカーも順次リニューアル予定としています。

三菱自動車 キッザニア
三菱自動車が「キッザニア甲子園」内のパビリオンとレンタカーをリニューアルオープン

三菱自動車ではクルマの運転や自動車業界への子ども達の関心を高めること、さらにクルマの社会的役割を知ってもらうことを目的に、2006年10月に「キッザニア東京」、2009年3月に「キッザニア甲子園」にパビリオンを出展。

クルマの本来の魅力や楽しさ、走る喜びを感じてもらうだけでなく、社会生活の中で必要な協調性や積極性、コミュニケーション能力など生きる力を身につけることも期待しての出展になります。

リニューアルされた「運転免許試験場」では、新たにドライビングシミュレーターが導入されています。安全な運転方法や交通ルールを身につける教習を、楽しみながら受けることが可能。

三菱自動車 キッザニア
レンタカーを借りて専用サーキットで運転できる

「レンタカー」では、新たにコンセプトカーの「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシ・エンゲルベルク・ツアラー)」、マイナーチェンジを受けたエクリプス クロス、オフロード走行も可能なミニバンのデリカD:5も用意。

この「レンタカー」は「運転免許試験場」で運転免許証を取得すると、レンタカーを借りて専用サーキットにおいて運転することができます。また、パビリオンの「運転免許試験場」では、先述のようにドライビングシミュレーターを使って、交通標識や交通安全、運転中のマナーなどの教習を受けることが可能。

ドライビングシミュレーターには、A・B・Cの3段階があり、Aコースを修了すると運転免許証が発行されます。さらに、車線変更や緊急車両の対応など運転技術を磨くBコースと、高速道路やトンネルを走る練習をするCコースがあり、運転技術を高めることができます。

塚田勝弘

【関連リンク】

キッザニアオフィシャルサイト
https://www.kidzania.jp/

『三菱自動車』の最新記事
三菱自動車
カーデザイナーを目指す学生が提案する「三菱らしい」ライフスタイル、モビリティを企画へ
ラリーアートチューンの三菱車01
復活が発表された「ラリーアート」が手がけたギャランフォルティスやコルトの中古車は今いくらで買える?【三菱・中古車】
三菱自動車 エアトレック
三菱自動車が新型SUV・EVの「エアトレック」のデザインを公開
三菱 ミラージュ
三菱ミラージュの特別仕様車「BLACK Edition」は、前席シートヒーターやヒーテッドドアミラーを装備
三菱自動車 アウトランダー
三菱アウトランダーPHEVが2020年の欧州市場でプラグインハイブリッドとして2番目の販売台数を記録

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事