心臓部にはポルシェ! ランボルギーニ ウルス改良新型、PHEVは800馬力か!?

■2022年デビューへ! ポルシェ製「LK5」エンジン搭載

ランボルギーニは、クロスオーバーSUV「ウルス」改良型を開発中ですが、ついにプラグインハイブリッドバージョンを設定するほか、非電化「RS」を計画している可能性があることがわかりました。

ランボルギーニ ウルス EVO_001
ランボルギーニ ウルス EVO 改良型

同社の最高技術責任者である、マウリツィオ・レッジャーニ氏は、約3年前にウルスが18ヵ月以内に充電ポートを取得すると宣言していましたが実現ならず、しかしついに電動化されることになりそうです。

ランボルギーニ ウルス EVO_007
ランボルギーニ ウルス EVO 改良型

PHEVバージョンでは、ポルシェの未知のエンジン「LK5」を搭載、直列6気筒かV型8気筒かは不明ですが、最高出力600psを発揮、電気モーターと組み合わせることで最大820psを叩き出す可能性があるといいます。

PHEVセットアップを採用することにより、現在のV型8気筒搭載モデルより250kg(約551ポンド)増加、利用可能なオプションを追加する前に合計2,450kg(約5,401ポンド)の重量になりますが、強力なエンジンがどこまでカバーするのか注目されます。

さらにランボルギーニは、非電化の「RS」バージョンも開発していると噂されています。現行モデルに搭載される4.0リットルV型8気筒エンジンを搭載しますが、25psぶんがボアアップされ、最高出力は675psを発揮すると予想されています。

改良型プロトタイプは、グリル、エアインテークを含むフロントバンパーが刷新され、グリルやコーナーエアインテークには水平基調のバーが追加されていることがわかります。また現段階で特徴的なY字LEDデイタイムランニングライトに変化は見られませんが、今後刷新されるはずです。

ウルス改良型は、2022年に登場が予想されていますが、PHEVバージョンやRSは遅れて登場することになるはずです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
VW ポロGTI
VWポロ改良型の頂点「GTI」のデザイン先行公開!
フォード フィエスタ_005
ハイライディングもあるぞ! フォード フィエスタ改良型、フロントマスクが大変身
マセラティ グレカーレ_001
車内もチラっ! マセラティ新型コンパクトSUV「グレカーレ」、市販型を鮮明にキャッチ!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事