アウトドアもリモートワークもスマートにこなせる「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」【バーチャルオートサロン2021】

■ルーフバルコニーが付くクルマ!?

日産は、Web上で公開中であるカスタマイズモデルの特設サイト「NISSAN CUSTOMIZE 2021」のリアル版として、2021年3月24日から4月23日まで、日産グローバル本社ギャラリーにおいて「NISSAN CUSTOMIZE 2021 特別展示会」を実施します。同展示会は、期間限定でカスタマイズモデルをチェックできる貴重な機会になります。

NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT
走るスマートなオフィスの「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」

「NISSAN CUSTOMIZE 2021」は、コロナ禍により中止になった「東京オートサロン2021」に出展予定だったカスタマイズモデルをオンライン上で楽しめる専用Webサイト。先述のように、「バーチャルオートサロン2021」にも出展されています。

ここでは、コンセプトカーの「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」をピックアップしましょう。コロナ禍でリモートワークが推奨される中、発表以来、国内外で大きな反響を呼んだ1台です。

NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT
オフィスポッドはテールゲート部分まで外に出すことができる

NV350キャラバンをベースに、都会を離れ、アウトドアで仕事もプライベートも自在に叶えるコンセプトが掲げられています。

エクステリアは、前後オーバーフェンダーをはじめ、専用のボディグラフィックが施されています。また、装着されたBFグッドリッチのオールテレインタイヤにより、オンロードもオフロードもこなせるオールラウンダーであることが表現されています。ルーミーなインテリアは、都会ではオフィスを車内に格納してプライベートで安全な空間が得られるほか、オフィスポッドをバックゲートから引き出すことで、広々した開放感を味わえます。

NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT
ハーマンミラー製のチェアを固定できる

OFFICE POD(オフィスポッド)の床は透明になっており、映像も流せるようになっています。特徴的なのはルーフバルコニーで、車内からアクセスできる構造になっており、仕事に疲れたり、オフタイムにリラックスしたりすることができます。

オフィスポッドの椅子は、ハーマンミラー製のコズムチェア。ハーマンミラー製のチェアが車載されたケースはおそらく初とのことで、日産から依頼があった際は驚いたそうですが、リモートワークで究極といえる快適な環境を提供するために欠かせないというコンセプトに共感し、椅子の足の部分を外して「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」に固定。

NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT
オフタイムをゆったり過ごせるルーフバルコニー

オフィスポッドのコズムチェアは、写真のほかのタイプに交換、装着できるそうです。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連リンク】

特設サイト「NISSAN CUSTOMIZE 2021」
https://www2.nissan.co.jp/EVENT/CUSTOMIZE/