ランボルギーニ、2021年内に新たなV12エンジン搭載モデルを2台発表へ!

■「シアン FKP 37」の「スーパーキャパシタシステム」を採用か

ランボルギーニは、2021年内に2車種のV型12気筒エンジン搭載モデルをリリースすることを明らかにしました。

ランボルギーニ SC20_002
ランボルギーニ SC20

業績好調の同社では、2021年にウラカンのハードコアモデル「ウラカンSTO」(スーパーロフェオ・オモロガータ)のデリバリーを開始、その後2台の新たなV12モデルを投入し、さらなる販売台数を伸ばす計画を持っているようです。

ランボルギーニ SC20_003
ランボルギーニ SC20

現段階で2台のモデルに関して言及していませんが、CEOのステファン・ヴィンケルマンは、電気エネルギーの蓄電に「シアン FKP 37」の「スーパーキャパシタシステム」を採用することを示唆しているようです。

シアン FKP 37は、「アヴェンダドールSVJ」に搭載されている6.5リットルV型12気筒自然吸気エンジンをボアアップして搭載、最高出力は785hpを発揮、0-100km/h加速は同ブランド最速となる2.8秒で駆け抜けます。

昨年捉えた謎のアヴェンダドール開発車両には、往来のエンジンカバーが削除され、代わりにカーボンファイバーの装飾品がみられたほか、ユニークなリヤバンパー、ディフューザー、エンジンカバーの2つのフードピン、そしてアヴェンダドール「SVJ」と同様のエキゾーストシステムをインストールしており、新型V12のプロトタイプの可能性が高いです。

このプロトタイプからも2台のうち1台はアヴェンダドールのバリアントと予想できます。また、ランボルギーニが、1971年のジュネーブモーターショーで発表された「カウンタック プロトタイプ」の50周年を祝うために、アヴァンタドールのスペシャルモデルを発表するという情報もあり、こちらは限定100台とも噂されています。

さらに、もう1台の可能性として、「SC20」のようなVIP顧客から委託されたワンオフモデルと考えらるでしょう。

ワールドプレミアの時期は不明ですが、間違いなくエキサイティングなモデルになると思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?