MPVにSUVテイストを付加したプジョー・リフターに上級グレードの「GT」を設定

■「マルチパノラミックルーフ」を標準装備

日本でファンから絶大な支持を集めている輸入MPVといえば、ルノー カングーが真っ先に思い浮かぶ方も多いでしょう。それぞれボディサイズは少し異なるものの、ライバルとして2020年に発売(カタログモデル)されたのが、ベルランゴとリフターです。

プジョー リフター
プジョー・リフターに新設定された「GT」

2021年3月1日、Groupe PSA Japanは、プジョー・リフターに上級グレード「GT」を追加し、ラインナップを変更しています。なお、ベルランゴに対してリフターは少しSUVテイストが付加されているのが特徴で、オフロードに対応する性能とスタイルを併せ持ったSUVテイストで独自の存在感を発揮し、登場以来、人気を集めているそう。

具体的には、FFでも高い走破性が得られる「グリップコントロール」や、高い地上高を備えて、ルーミーなキャビンやラゲッジスペースを用意。また、両側スライドドアによる乗降性の高さも美点です。

搭載されるパワートレーンは、1.5Lの直列4気筒ガソリンターボで、トランスミッションは8速AT。

プジョー・リフター
プジョー・リフターのインパネ

今回、追加されたリフターの上級グレード「GT」は、ボディ各部のエンブレムが「GT」に変更され、「マルチパノラミックルーフ」が標準装備されます。なお、ローンチ時の導入記念モデルの「GT Line First Limited」は、在庫限りで終了になるそう。

価格は「RIFTER Allure(アリュール)」が339万円。今回発売された「RIFTER GT」が361万円です。

(塚田 勝弘)

『プジョー』の最新記事
プジョー508
プジョー508に1.6Lガソリンターボ+モーターのプラグインハイブリッド「508 GT HYBRID」「508 SW GT HYBRID」を追加設定
プジョー3008
プジョー3008のディーゼルエンジンモデル「3008 GT BlueHDi」は、乗り心地、ハンドリング、トルクフルな走りを享受できる
プジョー2008
プジョー208のCMにSIRUPの「Overnight」、2008のCMにPerfumeの「Time warp」を起用
プジョー3008
マイナーチェンジを受けたプジョー3008は、キリッとした顔つきと先進安全装備のアップデートも見どころ
プジョー3008
プジョー初のプラグインハイブリッド4WD「3008 GT HYBRID4」は、電動化と4WD化の利点を享受できる頼れるSUV

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事