コックピットには巨大タッチスクリーン。メルセデスAMG SL次世代型、内部を鮮明に撮影

■スポーツ性が高められると同時にラグジュアリー性も装備する2+2スポーツへ進化

メルセデスAMGが開発を進めているとみられる2ドアオープンスポーツ「SL」次期型の2グレード開発車両をカメラが捉えると同時に、その内部に備わる巨大タッチスクリーンをはっきりと目撃しました。

メルセデス AMG SL_019
メルセデス AMG SL 次期型プロトタイプ

スウェーデン北部の山中で捉えた2つのプロトタイプはスノータイヤを装着、四角いクワッド排気口を装備しているのは上位モデル「SL63」とみられ、円形のクワッド排気システムを搭載しているのは「SL43」、あるいは「SL53」で間違いないでしょう。

メルセデス AMG SL_010
メルセデス AMG SL 次期型プロトタイプ

コックピットには新型「Sクラス」で採用されているのと同様の巨大タッチスクリーン搭載が確実となり、スポーツ性が高められると同時にラグジュアリー性も備わったモデルとなります。

パワートレインにはエントリーレベルに最高出力400psを発揮する3.0リットルV型6気筒エンジン搭載の「AMG SL43」を、その上には最高出力440psを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジン搭載の「AMG SL53」および「53e」が用意されます。

さらに最高出力515psを発揮する4.0リットルV型8気筒エンジン搭載の「AMG SL63」、最高出力604psを発揮するV8ツインターボ搭載の「AMG SL63S」、そしてレンジトッピングには最高出力800psを発揮する4.0リットルV型8気筒+電気モーターを搭載の「AMG SL73e」が予想されています。

メルセデス AMG SL_008
メルセデス AMG SL 次期型プロトタイプ

次期型はAMG専用モデルとして開発が進められ、「AMG GT」次世代型と同じプラットフォームを採用、シートレイアウトは2+2になると予想されています。また、ハードトップからファブリックフールに変更するなど、現行型より遥かにスポーティで、ハンドリングと快適さの完璧なバランスが期待できるでしょう。

SL次期型のデビューは2021年前半と予想されていましたが、新型コロナの影響により2021年秋以降になる可能性もあるといいます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ジェネシス GV70e_002
レクサスNXにロックオン! 韓国高級ブランド「ジェネシス」、新型電動SUV発売へ
ホンダ シビック セダン新型
ホンダ シビック セダン、第11世代の新型が世界初公開! ワールドプレミアは4月28日
VW ID.5_002
日本市場も視野に!? VW ID.4クーペ版・最強モデル「GTX」は300馬力超え!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事