ポルシェの野生派タイカン「クロスツーリスモ」、3月4日デビュー決定!

■Cピラー以降を新設計、リヤヘッドルームが向上し最低地上高がアップ

ポルシェは現在、フルエレクトリックセダン「タイカン」の派生モデルとなる「タイカン クロスツーリスモ」を開発していますが、そのプロトタイプが公式リークされました。

ポルシェ タイカン クロスツーリスモ_006
ポルシェ タイカン クロスツーリスモ 開発車両

クロスツーリスモは、フロントマスクをタイカンと共有しますが、Cピラー以降はタイカンとは異なる、リアクォーターウィンドウのアウトライン、ボディパネルを装備、ルーフレールを装着し最低地上高をアップした野生派タイカンとなります。

関係者によると、セダンよりも後部シートの乗客用ヘッドルームが大幅に広く、ラゲッジルームの積載量も大きいといいます。

ポルシェ タイカン クロスツーリスモ_004
ポルシェ タイカン クロスツーリスモ 開発車両

プロトタイプは、これまでピレネー山脈やアフリカなど、世界で最も過酷な環境で998.361km(620.352マイル)もの距離をテスト走行したほか、ニュルブルクリンク、ホッケンハイムリンク、ナルド、ポルシェ・ヴァイザッハ開発センターでも高速テストを行っており、満を持しての発売となります。

また、ポルシェのモデルライン担当副社長であるステファン・ウェックバッハ氏は、「クロスツーリスモは、レーストラックでも高性能を発揮できるとともに、泥、砂利を走破します。しかしハードなオフローダーではなく、未舗装道路を得意とするモデルとなります」と語っています。

ポルシェ タイカン クロスツーリスモ_003
ポルシェ タイカン クロスツーリスモ 開発車両

ラインアップには、ベースの後輪駆動モデルからはじまり、「4S」「ターボ」「ターボS」に至るまで、セダンと同じバリエーションが予想されています。最高出力は、4Sが571ps、ターボは680ps、ハイエンドのターボSでは761psのオーバーブーストを発生させます。0-100km/h加速はそれぞれ4.0秒、3.2秒、2.8秒のパフォーマンスなど、タイカンと同レベルが期待できるでしょう。

充電は、通常のEVの400Vではなく800Vのシステム電圧を備えており、約5分で最大100kmの航続に必要な電力を充電できます。1回の充電での航続は、4Sが最大464km、ターボSが最大412km、ターボが450km(WLTPに準拠)となります。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
メルセデス AMG ONE_005
メルセデスAMG ONE市販型は1200馬力!? 6月デビューへ全開
メルセデス AMG EQS_001
670馬力のハイパーEVセダン、メルセデス「EQS」のAMGバージョン発売へ!
ホンダ シビック ワゴン
発売されたら欲しいかも!ホンダ シビック新型、派生ワゴンを大予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事