マツダがロードスターに続き、RX-7(FC/FD)のサービスパーツを復刻して再供給を開始

■古いクルマも楽しめるサービスパーツが復刻

2020年12月18日、マツダは、RX-7の2代目(FC)と3代目(FD)のサービスパーツを復刻し、再供給するとアナウンスしました。マツダはNAロードスターの復刻パーツをリリースしていて、RX-7のオーナーにとっても朗報といえるでしょう。

2代目のサバンナRX-7(FC)は1985年から1992年まで生産されたモデル、3代目RX-7(FD)は1991年から2002年まで生産されたモデルが対象。各モデルのオーナーや、ロータリーエンジン車を中心に扱う整備会社とのコミュニケーションを通して、とくにニーズの高いサービスパーツが選定され、サプライヤー各社の協力のもとで復刻されたとのこと。

マツダ RX-7
マツダ RX-7(FC/FD)のサービスパーツが復刻

これまでに供給が継続されているパーツに加えて、2代目は30点、3代目は61点の復刻パーツが2021年2月までに販売が開始されます。これらの復刻パーツは、継続されているパーツと同様、マツダグループの販売店・部品販売会社を通じて購入できます。

また、復刻パーツ販売に合わせて「CLASSIC MAZDA」ホームページも更新されています。「CLASSIC MAZDA」ホームページでは、「新しいクルマだけではなく、古いクルマをも大切にできる社会を育み、世の中の自動車文化に貢献したい」という考えのもとに、これまで初代ロードスターのレストアサービスや復刻パーツの情報を中心に展開されていました。

マツダ・ロードスター
初代マツダ・ロードスターに続き、RX-7の復刻パーツも加わる

今後は、RX-7の情報も随時掲載される予定です。RX-7(FD)の復刻パーツは、エンジン関連やエアインテーク、エアクリーナー、スロットルボデー、エミッションコントロール、前後ブレーキ、サスペンション、ヘッドランプなど多岐に渡っています。

サバンナRX-7(FC)は、エアクリーナー、オイルポンプ、トランスミッション関連、リヤブレーキ関連などが用意されています(2020年12月17日現在)。

2代目、3代目のRX-7オーナーはもちろん、中古車での購入を考えている方にとっても、より良い環境が整備されていくことになりそうです。

(塚田 勝弘)

【関連リンク】

「CLASSIC MAZDA」ホームページ(マツダオフィシャルサイト)
https://www.mazda.co.jp/carlife/classicmazda/

『マツダ』の最新記事
マツダ3
10PS/16Nm増強されたMAZDA 3の「e-SKYACTIV X」搭載車の走りをチェック
マツダ3
マツダが既存車のユーザーに無償の「MAZDA SPIRIT UPGRADE」を提供。最新仕様と同等の走行性能や安全装備の制御が得られる
マツダ CX-5
10psアップ、ATの制御とアクセルペダルの最適化を果たしたマツダCX-5(2.2Lディーゼルエンジン搭載車)の走りはいかに?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事