徳大寺有恒氏譲り!歯に衣着せず今買えるクルマを斬りまくり、島下泰久さんの「2021年版間違いだらけのクルマ選び」発売

■クルマ好きの内田社長が日産を元気にする!

2021年版間違いだらけのクルマ選び
2021年版間違いだらけのクルマ選び

2020年はコロナに翻弄された1年でしたが、クルマ業界は果敢に新車を発表、意外なニューカーラッシュの年となりました。そんな1年を締めくくる単行本が12月23日に発売されます。島下泰久さんの「2021年版・間違いだらけのクルマ選び」がそれ。

2021年版間違いだらけのクルマ選び
コンパクトSUVは魅力的なクルマが目白押し

本書は日本の自動車評論の大御所、故・徳大寺有恒氏を祖とするイヤーブック的な1冊です。徳大寺氏の共著者となり、さらには継承者となった島下さんですが、2021年版の巻頭では、市場のけん引役にまでなったコンパクトSUVを一気乗りし、緻密に検証しています。さらに「クルマ界はどうなる?」の章では、「クルマ好きの内田社長就任で日産に希望」、「日本はスポーツカーの爛熟期に突入」と指摘、個々のクルマの出来栄えはもちろん、今のクルマビジネスを理解するにも役立つ1冊となっています。

もちろん、本書のメインコンテンツである車種別徹底批評も絶好調。国産車から輸入車まで、歯に衣着せぬ鋭いタッチで斬りまくっています。島下さんお一人であらゆるクルマを論じているので評価軸が明快。いま乗るべきクルマが何なのかが、ばっちり分かります。

新たに2021年度版からは島下さんのYouTubeチャンネルとも連携、記事内のQRコードから該当車種の試乗動画が楽しめるようにもなりました。

お正月の読書には、格好の1冊ですよ!

(clicccar編集部)

『カーライフ』の最新記事
近所のコンビニや知人宅など短距離移動でもクルマに乗る人が半数以上
新型コロナ禍の影響? 近所のコンビニや知人宅など短距離移動でもクルマに乗る人が半数以上
エンジンルーム
地震発生でクルマが被害を受けた!その時使えるクルマの補償や手続きは?
猫バンバンでエンジンルームに入った動物の尊い命を救おう
「猫バンバン」って何? 寒い朝晩は特にやりたいエンジンルームに入った尊い命を救う方法

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています