スカイライン400Rの高いポテンシャルはワインディングだけでは測れない。次はサーキットで試したい!【ドリキン・新車試乗】

■同じスペックのライバル車と比べれば価格は相当安い

現行型スカイラインは2019年7月にマイナーチェンジを行いました。同時に登場したのが、408馬力を発生する3.0リッターターボエンジンを搭載したスカイライン400Rです。

今回はこの注目モデルに、ドリキンこと土屋圭市さんに比較試乗してもらいました。

●スカイライン400R、ドリキンチェック!

2019年7月のマイナーチェンジで注目を集めたのは、ハイブリッド車に搭載された「プロパイロット2.0」。俺も試したけれど確かに技術面ではスゴイと思った反面、違和感は拭いきれなかった。しかしこれからの自動運転の道筋は感じられた。

400R外観02
箱根ターンパイクを疾走する400R。

しかし、このスカイラインのマイナーチェンジで俺が最も注目したのは400Rだ。最高出力405psを発生する3LV6エンジンを搭載したFRセダンで、車両本体価格は562万5400円。

400R外観03
400Rのフロントスタイル。

このハイスペックのエンジンを搭載した国産セダンは見当たらないし、輸入車だと最高出力387psを発生する3L直6ターボを搭載したBMW M340i xDriveが987万円。最高出力390psを発生する3L V6ツインターボを搭載したメルセデス・AMG C43 4MATICが車両本体価格995万円と同じようなスペックのエンジンを搭載したモデルは1000万円クラスとなっていてしかも4WD車だ。

最高出力405ps・RWDの400Rがどのような走りをするのか非常に楽しみだ。

400R外観04
400Rのリアスタイル。
400R外観06
400Rのバッジに相応しい走行性能を発揮。

今回の試乗場所はアネスト岩田ターンパイク箱根。新車の試乗会やメディアの試乗コースとして良く使用される場所でスカイライン400Rのインプレッションを行った。

400R内装01
400Rをドライブするドリキン。

ターンパイクを走っての感想を率直に言うと、ワインディングの走りだけで評価するにはもったいない実力のクルマだということ。

この400Rはクルマの動きとか作り込みとかかなりレベルが高い。

400Rの車両重量は1760kg。GT-Rのプレミアムエディションが1770kgだからわずか10kgしか変わらないのだけれど、400Rの動きは軽いし、感覚的にはシルビアに乗っているようなフィーリングだね。とても1770kgもあるようなクルマの動きではない。そしてフロントタイヤの接地感がしっかりしているからかなり安心できる。

400R内装02
400Rのインテリア。

400Rはこういうワインディングでは評価できないくらいのレベルに達しているクルマだと思う。だからサーキットを走行したときの限界域でアンダーステアなのか、オーバーステアなのか。危険が動きなのか、安全に動くのか。

その領域での走りを見てみたいね。すごくワクワクさせてくれる。

400R内装03
最高出力405psを発生する3LV6ツインターボエンジン。

全体的には高評価だけれども、気になるところが一点。それは、エンジンのレスポンスにタイムラグがある。エンジンのツキが悪いね。

アクセルをフルスロットルにしたときに400psが出るまで2~3秒くらいタイムラグがある。これは制御系によるものなのかわからないけれども、これはもったいない点。もし自主的にスロットルの制御しているのであれば、普通のターボ車で良いと思ってしまう。ここは改良してもらいたい。

400R内装04
シートカラーは新色のホワイトで素材は本革。
400R内装05
後席のスペースは十分確保されている。

このエンジンのタイムラグを除けば、トルク感も欧州車と勝負できるし、ハンドリングも良い。だから最初に挙げたメルセデス・AMG C43とBMW M340i x-Driveとサーキット走行で見極めたいよね。

400R内装06
ゴルフバッグが積めるように工夫されたトランク。

400Rがどれくらいのポジションにいるのか。同等なのか上なのか下なのか。やはり俺の中でのスカイラインは国産車の代表であってもらいたいし、このメルセデスやBMWと比較したくなるようなポテンシャルがほしいよね。

この感覚はスカイラインファンならみんな思うのではないかな。

400R外観05
19インチホイールの中に赤いブレー気キャリパーが収まる。

400Rは約600万円、ライバル車は1000万円。サーキットを走行したときに1周でいいやと思うのか、5周走りたくなるのか。そして600万円だからこんな感じで仕方ないと思うのか。それともこれで600万円ならばコスパスゴイ!となるのか。ワクワクしてくるよ。

現時点で言えることは、400Rというクルマは日産が真面目にちゃんと作ったクルマだということ。それをサーキットでの全開走行で見極めてみたい。

(コメント:土屋 圭市/まとめ・スチール撮影:萩原 文博)

『日産・スカイライン』の最新記事
スカイライン400R
スカイライン400R徹底試乗。400Rの加速には、一瞬で空気を豹変させる魅力がある【新型車インプレッション3/3(走行性能編)】
スカイライン400R
スカイライン400R徹底試乗。シートはお尻スッポリ、視界も良好!【新型車インプレッション2/3(内装編)】
スカイライン400R
スカイライン400R徹底試乗。電子制御ショックアブソーバーが楽しい!【新型車インプレッション1/3(概要編)】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事