ヒュンダイ次世代クロスオーバー「バイヨン」市販型の車内を激写!

■「i20」のプラットフォームに基づき、エンジンほか多数を共有

ヒュンダイ バイヨン_006
ヒュンダイ バイヨン 市販型プロトタイプ

ヒュンダイは、新型クロスオーバーSUVの車名を「バイヨン」と正式発表したばかりですが、その市販型プロトタイプを初めてスクープ、早くもその車内の様子を激写しました。

「i20」後継モデルと呼ばれていたこの新型クロスオーバーは、「i20」のプラットフォームに基づき、エンジンほか多数を共有することになります。

ヒュンダイ バイヨン_003
ヒュンダイ バイヨン 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは厳重にカモフラージュされていますが、以前公開されたティザーイメージと同じブーメラン型テールライトを確認することができます。また、キャビン内ではデジタルクラスタ、独立型タブレットスタイルのインフォテイメントシステムが見てとれます。

パワートレインは、i20のすべてのエンジンが流用されるのか、強力な1.0リットルターボエンジンだけになるのか明確ではありませんが、おそらく、6速マニュアル、および7速DCTの両方がバイヨンに引き継がれると予想されます。また顧客層から全輪駆動の需要が見込まれないため、FWDのみの提供が有力です。

バイヨンは2021年前半に欧州で発売予定のため、ワールドプレミアはそれより前となります。コナより低価格で、ライバルはフォード「エコスポーツ」となるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?