MAZDA 6(セダン/ワゴン)にスポーティグレードの「BLACK TONE EDITION」を新設定

■一部改良で100周年記念車に2.5Lガソリンターボを設定

マツダ6
MAZDA 6(セダン)の「BLACK TONE EDITION」

2020年12月3日、マツダの最上級セダン、ワゴンであるMAZDA 6が一部改良を受けました。

今回の商品改良では、2020年4 月から販売されている100周年特別記念車に、力強い加速フィールが魅力の2.5Lガソリンターボエンジンが追加されています。さらに、ボディカラーに「ポリメタルグレーメタリック」が全グレードに設定されています。

マツダ6
MAZDA 6(セダン)の「BLACK TONE EDITION」

また、CX-8、CX-5、MAZDA 2と同様に、黒のアクセントカラーをエクステリアに、赤の差し色をインテリアカラーに配されたスポーティな特別仕様車の「BLACK TONE EDITION」が設定されています。

同特別仕様車をマツダ社内で披露したところ、若い社員からも好評だったそうで、カタログモデルとはひと味違った精悍さを漂わせています。同特別仕様車は、最近のマツダ車に不足していたスポーティムードが付加されたモデルであり、エモーショナルな内外装とすることで、新しい顧客層を獲得するのが狙いだといいます。

マツダ6
MAZDA 6「BLACK TONE EDITION」の225/45R19タイヤ

ベース車は、「20S/XD Black Tone Edition」が「PROACTIVE」で、「25T Black Tone Edition」は「25T S Package」となっています。

MAZDA 6の「BLACK TONE EDITION」には、エクステリアにブラック塗装のドアミラー、225/45R19サイズのブラックメタリック塗装が用意されます。インテリアでは、シート地にスムースレザー、シートカラーはレッド、シートセンターにグレークロスステッチが施されています。

MAZDA 6(セダン、ワゴン)の価格帯は、289万3000円〜448万2500円となっています。

マツダ 6
MAZDA 6(ワゴン)の「BLACK TONE EDITION」のインパネ

(文/塚田勝弘 写真/井上 誠、マツダ)

『マツダ』の最新記事
マツダ
次期ロードスターは電動化!? マツダが2025年までに電動化モデル13車種を投入へ
マツダ MX-30
ハンディキャップがある方と健常者がシェアして運転できるマツダMX-30の「Self-empowerment Driving Vehicle」
CX-30
MAZDA3とCX-30の「e-SKYACTIV X」搭載車が一部改良。排ガス性能と燃費を改善
マツダ3
パワーアップ、トルクアップを果たしたMAZDA 3の1.8Lディーゼルエンジンの走りをチェック
マツダ3
10PS/16Nm増強されたMAZDA 3の「e-SKYACTIV X」搭載車の走りをチェック

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事