MAZDA 6(セダン/ワゴン)にスポーティグレードの「BLACK TONE EDITION」を新設定

■一部改良で100周年記念車に2.5Lガソリンターボを設定

マツダ6
MAZDA 6(セダン)の「BLACK TONE EDITION」

2020年12月3日、マツダの最上級セダン、ワゴンであるMAZDA 6が一部改良を受けました。

今回の商品改良では、2020年4 月から販売されている100周年特別記念車に、力強い加速フィールが魅力の2.5Lガソリンターボエンジンが追加されています。さらに、ボディカラーに「ポリメタルグレーメタリック」が全グレードに設定されています。

マツダ6
MAZDA 6(セダン)の「BLACK TONE EDITION」

また、CX-8、CX-5、MAZDA 2と同様に、黒のアクセントカラーをエクステリアに、赤の差し色をインテリアカラーに配されたスポーティな特別仕様車の「BLACK TONE EDITION」が設定されています。

同特別仕様車をマツダ社内で披露したところ、若い社員からも好評だったそうで、カタログモデルとはひと味違った精悍さを漂わせています。同特別仕様車は、最近のマツダ車に不足していたスポーティムードが付加されたモデルであり、エモーショナルな内外装とすることで、新しい顧客層を獲得するのが狙いだといいます。

マツダ6
MAZDA 6「BLACK TONE EDITION」の225/45R19タイヤ

ベース車は、「20S/XD Black Tone Edition」が「PROACTIVE」で、「25T Black Tone Edition」は「25T S Package」となっています。

MAZDA 6の「BLACK TONE EDITION」には、エクステリアにブラック塗装のドアミラー、225/45R19サイズのブラックメタリック塗装が用意されます。インテリアでは、シート地にスムースレザー、シートカラーはレッド、シートセンターにグレークロスステッチが施されています。

MAZDA 6(セダン、ワゴン)の価格帯は、289万3000円〜448万2500円となっています。

マツダ 6
MAZDA 6(ワゴン)の「BLACK TONE EDITION」のインパネ

(文/塚田勝弘 写真/井上 誠、マツダ)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。