市販型をチラっと公開。ルノーが次世代EVクロスオーバーを開発中

■「キャプチャー」よりコンパクトサイズ、未来的LEDデイタイムランニングライト装備

ルノーは3月にEVコンセプトカー「モルフォズ」を発表していますが、新たに次世代EVクロスオーバーSUVの登場を予告、そのティザーイメージを初公開しました。

ルノー EVコンセプト
ルノー EVコンセプト

公開された画像からは、未来的LEDデイタイムランニングライト、垂直スロット付きの光沢のある黒いグリル、ゴールドの三角形アクセント、シルバーのメッキも確認できます。

ルノー Morphoz_002
ルノー Morphoz コンセプト

同社からの詳細発表はされていませんが、「モルフィズ」同様にルノー日産三菱アライアンスのEV仕様、新開発モジュラープラットフォーム「CMF」を採用するとみられます。

ボディサイズは「キャプチャー」よりもコンパクトで、複数の出力とバッテリーを装備し最大600km(373マイル)の航続を実現。2021年に発売されると噂されています。

ワールドプレミアは、10月15日から26日まで開催されるルノーのイベント「electric mobility of today and tomorrow」と予想されています。

(APOLLO)

『ルノー』の最新記事
ルノー トゥインゴ
「TWINGO」のタイポグラフィーが目を惹く特別仕様車「ルノー トゥインゴ シグネチャー」が登場【新車】
ルノー カングー
ルノー カングーの人気限定車「クルール」に「ジョン カーキ」のボディカラーが登場【新車】
ルノー カングー
南仏の爽やかな青空、青く澄み切った海がイメージされたボディカラーをまとう「ルノー カングー ペイザージュ」が登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事