ARTAがGT500とGT300両クラスで表彰台を獲得!【SUPER GT 2020】

●毎シーズンチャンピオンシップ争い上位にいる2台に注目

富士スピードウェイにて開催されたスーパーGT第5戦「たかのこのホテル FUJI GT300km RACE」。

ARTA_WPodium_002
多くのファンの前で走行するARTA NSX GT3 55号車

スーパーGTファン、モータースポーツファンの方々にとっては待ちに待った、今シーズン初めてとなる観客の皆さんをサーキットに迎え入れての開催となり、指定席は発売後即日完売。その後自由観覧チケットも販売され非常に多くの方々がサーキットに訪れ、久々となるスーパーGTの雰囲気を楽しみました。

そんな多くのモータースポーツファンの方々の前で行われた第5戦決勝では、GT500クラスの#8 ARTA NSX-GTとGT300クラスの#55 ARTA NSX GT3が揃って表彰台を獲得しました!

ARTA_WPodium_003
スーパーGT第5戦富士、GT500の表彰式
ARTA_WPodium_004
スーパーGT第5戦富士、GT300の表彰式

2台揃っての表彰台は2019シーズンの開幕戦、悪天候で赤旗終了となった岡山以来、また富士スピードウェイに限って言うと2017シーズンの第5戦以来となる両クラスでの表彰台獲得となりました。

ARTA_WPodium_005
ポールポジションスタートとなったARTA NSX-GT 8号車
ARTA_WPodium_006
決勝は残念ながら3位となった

今回GT500クラス8号車はポールポジションからのスタートで優勝も期待できましたが、残念ながらポジションを2つ落としての3位となりました。

ARTA_WPodium_007
予選11番手からスタートしたARTA NSX GT3 55号車
ARTA_WPodium_008
決勝では9台を抜き2位チェッカーとなった

GT300クラス55号車は11番手スタートから追い上げ、ポジションを9つ上げての2位と、得意としている富士でしっかりポイントを稼ぎ、GT300クラス連覇に向けてまずまずの結果となりました。

ARTA_WPodium_009
ARTA NSX-GT 8号車

シーズンも残り3戦となったところで、8号車はポイントランキングトップから31ポイント差の11位とチャンピオンシップを考えると厳しい状況となっていますが、ウェイトハンデ(WH)や燃料リストリクター制限のない有利な条件での鈴鹿、そして前戦でも速さを見せたもてぎの2連戦で上位に食い込み着実にポイントを獲って、最終戦での富士に戻ってきてもらいたいものです。

ARTA_WPodium_010
ARTA NSX GT3 55号車

また、55号車はトップから16ポイント差の5位につけ、次戦はWH上限となる100kgを積んでのレースとなりますが、チャンピオンシップを争う上位7台までが90kg以上のWHを積んでいるため、残り3戦でライバルよりも1つでも上のポジションでチェッカーを受けられれば、クラス連覇も十分可能な位置にいると言えます。

ARTA_WPodium_011
ARTA NSXの2台に残り3戦も注目しましょう!

毎シーズンチャンピオンシップ争いを演じているこの2台のマシンから、今シーズンも目が離せません!

(写真:吉見幸夫、松永和浩、GTA 文:H@ty)

【関連記事】
ARTA NSX-GTが富士で2戦連続のポールポジションを獲得!【SUPER GT 2020】
https://clicccar.com/2020/10/04/1023405/

『スーパーGT』の最新記事
KEIHIN NSX-GT
どうなるチャンピオン争い? 最終戦前にGT500のランキングをチェック【SUPER GT 2020】
参加者にアピールポーズをするレースクイーン
コロナ禍の新生活様式のピットウォークはドライブスルー方式で【SUPER GT 2020・第7戦もてぎ】
リアライズ 日産自動車大学校 GT-R、優勝の瞬間
強運と剛腕でリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが今季2勝目【SUPER GT 2020・第7戦もてぎ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事