ラジコンから実車の世界へ。出逢いが実現させた夢への扉【D1GP 2020 ルーキードライバーインタビュー】

●小さい頃から憧れていた世界へ

新型コロナウイルス感染症の影響で、当初の予定より3ヶ月遅れて7月に開幕を迎えた今シーズンのD1グランプリ。そのドリフト競技の国内トップカテゴリに今シーズンからフル参戦を開始した一人のルーキードライバーがいます。

最近ではe-Sports出身のレーシングドライバーも増えてきていますが、ドリフトラジコン、略してドリラジ出身という異色の経歴をもつ蕎麦切広大(そばきりこうだい)選手にお話を伺いました。
── はじめまして。よろしくお願いします。いきなりですが蕎麦切選手はドリラジ出身なんですよね?

「そうですね、ラジコンは中学生の頃に始めて10年くらいやってます。」

蕎麦切広大インタビュー_002
ドリラジ出身のD1GPドライバー蕎麦切広大選手

── そこから実際のクルマに乗り始めたのはいつ頃ですか?

「免許自体は18才で取ったんですけど、ドリフトを始めたのは21才、3年前くらいですね。」

蕎麦切広大インタビュー_003
ドリフトを始めて3年でトップカテゴリD1GPドライバーへ

── ドリフトを始めたのはラジコンの影響ですか?

「どちらかというと小さい頃からD1が好きで、中学生だとクルマに乗れないっていうことで、いろいろ探したらドリフトのラジコンがあるっていうのを知って、それがきっかけでラジコンを始めました。ドリラジをやりながらも、本物に乗りたいっていうのはずっと思っていて、そこで柴田社長と出会って、まずラジコンのワークスドライバーとして活動させていただきました。」

蕎麦切広大インタビュー_004
チームスタッフと綿密な打ち合わせをする蕎麦切選手

「そして僕が専門学校を卒業すると同時に『うちに就職して本物のクルマで一緒にやろう!』って柴田社長が言ってくれて、そこからドリフトが始まりました。それが2017年で僕の入社と同じタイミングで会社自体も本格的にドリフト競技に参戦を始めたって感じですね。」

── なるほど。ドリフトからラジコンに入って戻ってきた感じですね。ちなみにラジコンが役に立った事はありますか?

蕎麦切広大インタビュー_005
ラジコンが実車でのコース攻略にも役立っている

「そうですね。コースの攻略方法を考えたりするのは凄く役に立ってるかなと思います。たとえば今回のエビスみたいに以前と違ったり特殊なレイアウトのコースだと、どのドライバーも走ったことがないので、どういうふうに走ったらいいかっていうイメージを組み立てやすいですね。こういうふうに立ち上がったらこーなってあーなるかなーみたいなのは、コースを上から見るっていう視点があるからこそなのかなと。あとはマシンセッティングも、全部同じではないですけど似てるところもあるので、ラジコンをやっていてそういう知識とかも勉強できたと思います。」

── それでもやはり、本格的にドリフトを始めてから3年でトップカテゴリまでっていうのは凄いと思います

蕎麦切広大インタビュー_006
ドリフトを始めて3年でトップカテゴリへ上り詰めた

「いやいや、でも本当にここまで来れているのは間違いなく柴田社長はじめ会社の皆さんの協力があってのことです。本当に良いマシンに乗せてもらって万全の体制で参戦させていただいているおかげで、今自分がここにいます。」

── 今回、参戦2戦目で単走ベスト16入り、追走トーナメント進出を掴んだわけですが、それについての率直な感想をお願いします

蕎麦切広大インタビュー_007
予選突破、ベスト16は通過点

「とにかく凄く嬉しいです。開幕戦はエンジン不調でリタイヤだったので、今回初めてちゃんと単走予選も走れましたし、それで予選も通ったので、僕の中では本当にまず最初の一歩を踏み出せたのかなと思っています。」

── 追走の相手がいきなり太吾選手だったわけですが?

「ものすごいレジェンドな選手ですし、正直自分が小さい頃からD1を見ていて太吾選手はすごいファンだったので、初めて出られた追走で憧れの選手と当たったっていうのも凄く嬉しかったですし、全力で挑もうと思いました。」

蕎麦切広大インタビュー_008
初めての追走は憧れていた齋藤太吾選手との対戦

── 実際やる前に、勝てるかなっていう自信はありましたか?

「勝てるかどうかっていうより、やっぱりどの選手であろうと勝ちたいと思っていたので、とにかく自分のできることを精一杯頑張ろう、全力で走りきろうっていう気持ちでいました。」

蕎麦切広大インタビュー_009
全力を出し切ったがベスト8進出はならず

──これからもその意気で頑張ってください!

「はい!ありがとうございます!これからも予選突破、そして追走に上がっても勝利を1つ1つ獲っていけるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」

蕎麦切広大インタビュー_010
これからも応援よろしくお願いします!

単走から常に100点を取ることだけを目標に、そのcoolな外見とは裏腹にアツいハートで全開走行を魅せてくれる蕎麦切選手。

ぜひその走りを生の迫力で感じに、サーキットに足を運んでみてはいかがでしょう。

(H@ty)

【関連リンク】

2020シーズン、広大が遂にD1デビュー
https://drift-koudai.com/ 

『D1GP』の最新記事
エビス西コースでのGRスープラ
Team TOYO TIRES DRIFTは、藤野選手と川畑選手がチャンピオンの可能性を残す【D1GP】
D1GP第6戦小橋選手のチェック走行
データと動画をフル活用! これが現代のドリフト機械審査攻略法だ【D1GP第6戦EBISU WEST DRIFT】
D1GPタイヤウォーズ2020_01
白熱するD1タイヤ戦争。第5戦では3メーカーが表彰台を分け合う【D1GP 2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事