車高の高さを感じさせない軽快で安定した走り 【三菱eKクロススペース試乗】

■マイパイロットの性能も高く実用的なモデルだ

2019年の東京モーターショーの三菱ブースにスーパーハイト軽ワゴンコンセプトとして展示されていたモデルの市販版が今回試乗した三菱ekクロススペースです。クロスの名前が付くことからもわかるように、デリカD:5とも共通性のあるSUVテイストがあふれるエクステリアとなっています。

ekクロススペース 前7/3スタイル
クロス顔が与えられ、力強い印象のフロントスタイル

ボディサイズは軽自動車規格の全長3395mm×全幅1475mm×全高は1780mmでスーパーハイト系らしい高さとなっています。ホイールベースは2495mmで、ホンダN系よりは若干短い設定です。搭載されるエンジンは3気筒ターボで64ps/5600rpm、100Nm/2400~4000rpmのスペックを持ちます。

ekクロススペース リヤ7/3スタイル
独特な形状のクォーターウインドウをもつ
ekクロススペース真横スタイリング
ホイールベースは65mm延長された。ルーフレールはオプション。
ekクロススペースエンジン
100Nmのトルクをフラットに生む特性は運転しやすいもの

試乗車はFFで車両重量は970kg。ガソリン満タンで、私が乗っているわけですから軽く1トンを超えています。発進時はアクセルを若干深く踏んでやれば、ストレスなく加速し周囲の流れを乱すことはありません。十分な加速力があるのですが、黄色いナンバーのついた軽自動車だと意地でも抜いて前に出ようとするクルマが多いことにはまったくあきれます。

ekクロススペースインパネ
広々と視界が開けたインパネまわり。チルトステアリングは装備するが、テレスコピックは付かない
ekクロススペースフロントシート
フロントシートのサイズはしっかりとあり、ホールド性も悪くない
ekクロススペースリヤシート
フロアはフラット。室内高は1400mmもあり広々としている

それはさておき、ちょっと渋滞気味の首都高速に入り、ACCのマイパイロットを試します。以前は単眼カメラのみで制御していましたが、ミリ波レーダーが追加されたことで精度がバツグンに向上。車線中央をしっかりと維持しながら設定速度で走ってくれます。

渋滞で停止した際も先行車が3秒以内にスタートすれば自動でスタート、3秒以上となった際もステアリングのRES+スイッチを押すかアクセルペダルを踏めばスタートしてくれます。ただ、この再発進の加速はちょっと上品なので、周囲に遅れを取るようならアクセルペダルを踏み増ししてあげたほうがいいかもしれません。

ekクロススペース・タイヤホイール
165/55R15サイズのブリヂストンのエコピアEP150を履く。タイヤとクルマの相性はいい

ハンドリングは軽快です。車高が1780mmもあるとそれなりに重心の高さを感じるものですが、ekクロススペースはそれをほとんど感じません。普通にハイトワゴンに乗っている感覚でクルマを動かせます。ホイールベースが2495mmでホンダN系よりは若干短い設定と書きましたが、先代モデルに比べれば65mmも延長されていて、このホイールベースの長さとサスペンション剛性の高さ、タイヤのグリップ力のバランスがいいのでしょう。

eKクロススペース・リヤシートスライド
リヤシートは50対50で独立してスライド&リクライニングが可能。スライド量は320mmにもなる
eKクロススペース フルラゲッジ
リヤシートを前倒しすると広大なラゲッジルームが現れる
eKクロススペース ラゲッジルーム
リヤシートを320mm前方にスライドさせた状態。定員乗車でも広いラゲッジルームを実現

実用性の高さも見逃せません。スーパーハイトワゴンなのでリヤシートの居住性は申し分のないものです。リヤシートは左右独立で、320mmのスライドが可能。シートを前方にスライドさせれば、シートを折りたたまなくても、十分に広いもので、キャンプグッズなどもしっかりと積めそうです。

eKクロススペース サーキュレーター
オプションでプラズマクラスター付きのリヤサーキュレーターを装着することも可能
ekクロススペース 正面スタイル
Xをモチーフにデザインされているグリルまわり

(文・写真/諸星陽一)

『三菱・eKスペース』の最新記事
ブリヂストン エコピア EP150
ブリヂストンの「ECOPIA EP150」が三菱eKクロス・スペース、eKスペースのOEタイヤとして納入を開始
三菱自動車 eKクロススペース eKスペース
ヨコハマタイヤの「BluEarth-FE AE30」が新型eKクロス・スペース、eKスペースの新車装着タイヤとして納入を開始
【新型eKクロス スペース市販モデル】ライトは2種類のバージョンを用意
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事