【新型eKスペース 市販バージョン】インテリアの質感、サイズが向上

eKスペース

●ホイールベースを65mmを拡大

三菱の軽スーパーハイトワゴンのeKスペースがモデルチェンジをしました。新型モデルのフロントフェイスはボディ同色として愛嬌のある顔作りに貢献しています。

一方でヘッドライトはややつり上がった形として甘くなりすぎる印象を抑制しています。ちなみにこのグリル、ターボエンジン搭載車ではブラックとなりより精悍な印象となります。

eKスペース
グリルはボディ同色

インテリアではライトウォームグレーと呼ばれる明るめのグレーのパーツと明るいベージュ色を組み合わせた華やかな印象のものとしました。

eKスペース
ダークグレーとベージュのコンビ内装

全体に質感が高いインテリアが特徴ですが、とりわけインパネはスーパーハイトワゴンならではの上下の厚みを生かしたボリューム感あふれるものとなっています。

センター部分のエアコンは先代モデルに引き続いて、静電タッチ方式のパネルでコントロールをします。

eKスペース
スライド量はクラス最大

また今回はホイールベースを従来モデルから65mm長したことで室内空間が広くなっています。

これに加えてリアシートのスライド距離を320mmとクラス最長としました。これらによって特に後席周りの空間は使い勝手がギュンギュンに高いものとなりました。

さらにその後席にアクセスするためのスライドドアには、両手が荷物でふさがっていても足先だけの操作で自動オープンすることができるハンズフリー機構も設定されています。

eKスペース
ハンズフリーで開きます

eKスペース

ラゲッジルームに関しても床面の長さを先代モデルよりも拡大しています。

eKスペース
荷室も余裕があります

前述の後席スライド機構を最大限に活用して前端にセットしておけば、中型サイズのスーツケースを4つ積むことも可能となっています。eKスペースには3気筒12バルブのマイルドハイブリッドエンジンとう同ターボの2タイプが用意されており、価格は139万9200円から176万7700円となっています。

eKスペース
テールライト脇が赤いのはeKスペースの特徴

各種先進安全運転装備を備えつつも、価格上昇を大きく抑えたモデルとなりました。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『三菱・eKスペース』の最新記事
ブリヂストン エコピア EP150
ブリヂストンの「ECOPIA EP150」が三菱eKクロス・スペース、eKスペースのOEタイヤとして納入を開始
三菱自動車 eKクロススペース eKスペース
ヨコハマタイヤの「BluEarth-FE AE30」が新型eKクロス・スペース、eKスペースの新車装着タイヤとして納入を開始
【新型eKクロス スペース市販モデル】ライトは2種類のバージョンを用意
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事