新東名高速道路・NEOPASA岡崎(集合)の砂利が敷き詰められた地面は汚れにくい一方で夏場や日差しが強いときの熱さに注意!【高速道路SA・PAドッグラン探訪】

●上下線どちらからもドッグランにアクセスできるように設計され便利な施設

NEOPASA岡崎は、東京方面からのドライバーにとっては「愛知県の玄関口」といっても過言ではない、東海3県内で最大規模の上下集約型のサービスエリアです。上下線どちらからでもドッグランを利用できます。

ドッグラン2
上り線は宿場町をイメージした建物

2016年2月にオープンして以来、八丁味噌を用いた「矢場とん」や、世界一食パンが売れていることで有名な「パンのトラ」など、地元でお馴染みの人気グルメのお店が軒を連ねる人気のスポットでもあります。

ドッグラン3
目印には岡崎城の彫刻が。

上り線の正面は、東海道五十三次「岡崎宿」をイメージした情緒ある和風の佇まい。町家のような建物はサービスエリアの中でも印象に残り、ちょっとした観光地に訪れているような気分を味わえます。

徳川家康公のふるさと「岡崎城」を模(かたど)った石造りの標識がすぐに目につき、ドッグランへ誘ってくれます。

ドッグラン4
下り線の建物はフクロウをモチーフとしている。

いっぽう下り線の正面は、フクロウの仲間「コノハズク」の顔をイメージしたキャッチーな木目調デザインになっています。自然に囲まれた岡崎市の地域の特長を積み木で表現しているそうです。

ドッグラン5
施設の外側におしっこをさせるポールなどを設置。

屋外に設置されたドッグランは、小型犬用(180㎡)と大・中型犬用(170㎡)に分かれています。入り口前に足洗い場やおしっこポールもあって清潔感バッチリ。ウンチ入れボックスはそれぞれのエリアに設置されています。

ドッグラン6
岡崎SAでは小型犬専用のエリアを設置。
ドッグラン7
地面には砂利が引き詰められている。

まずは右側の下り線駐車場寄りにある小型犬エリアへ。NEOPASA岡崎のドッグランの地面は、珍しく砂利で敷き詰められているのが特徴。

ワンちゃんの足や体が汚れにくいというメリットがありますが、いっぽう夏場やよく晴れた日は砂利が高温になり、火傷してしまう可能性も。砂利を触って熱くないか確認してから遊ばせてあげてください。

ドッグラン8
小型犬エリアには長イスが設置されている。

情緒ある和風の建物とマッチした長ベンチもあるので、飼い主さんも休憩しながら遊ばせることができます。

ドッグラン9
中大型犬用のスペースは小型犬エリアより若干狭め。
ドッグラン10
小型犬エリアにはない木が目印。

小型犬エリアに隣接して、左側の上り線駐車場寄りに中型・大型犬兼用エリアがあります。小型犬エリアと同様に砂利が敷き詰められていますが、中型・大型犬兼用エリアには木が植えられています。

L字に並べられたベンチもあって、ゆったり座れます。フェンス越しに野原も眺められ、170㎡と小さめなドッグランですが広々とした雰囲気で、ワンちゃんも飼い主もリフレッシュできそう。

ドッグラン11
L字型のベンチが設置され、多くの人が座れる。
ドッグラン12
上下線どちらからもアクセルできる便利なドッグラン。

NEOPASA岡崎は、ドッグランの他にも子どもと遊べるファミリーエリアも充実しているため、ファミリーでゆっくり滞在するのにもピッタリなサービスエリアでしょう。

(文:高市智子/写真:萩原文博)

『ドライブ』の最新記事
ドッグラン01
北陸自動車道・神田PA(上り)はまるで林の中にいるような溢れる自然が魅力【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
北陸自動車道・南条SA(下り)は土と人工芝の2つの異なる地面を楽しく走り回れる【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
ドッグラン01
名神高速道路・黒丸PA(上り)は広々とした施設で自由に走り回れる【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事