ランドローバー ディフェンダー、600馬力のV8モデルを発売へ。開発車両をキャッチ!

■クワッドエキゾーストパイプの間に巨大なマフラーを設置、BMW製エンジン搭載

ランドローバーは、2019年に復活したオフローダー「ディフェンダー」の強力なハイパフォーマンスモデルを開発していますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ランドローバー ディフェンダー_001
ランドローバー ディフェンダー V8 市販型プロトタイプ

同社は昨年9月に北米への再導入を発表。現在販売されている米国での急速な需要において、V型8気筒モデルが切望されているといいます。

ランドローバー ディフェンダー_009
ランドローバー ディフェンダー V8 市販型プロトタイプ

最新プロトタイプは、ルーフ後部に「PROTOTYPE VEHICLE」(試作車両)のステッカーが貼られているほか、最終パーツではないものの、現在のラインアップにはみられないクワッドエキゾーストパイプの間に巨大なマフラーが設置されていることが確認できます。

ボンネット下にV8があることは確実ですが、その詳細は不明です。これまでの噂では、ランドローバー製5.0リットルV型8気筒がBMW製4.4リットルV型8気筒に置き換えられる可能性があるというものです。BMWでは最大617ps・最大トルク750Nmを発揮しますが、ディフェンダーでは600ps程度となると予想され、ZF製8速ATトランスミッションと組み合わされると思われます。

ランドローバー ディフェンダー_007
ランドローバー ディフェンダー V8 市販型プロトタイプ

新型のパワートレインは、最高出力300ps・最大トルク400Nを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリン/ディーゼルエンジンターボエンジン、3.0リットル直列6気筒+マイルドハイブリッドなどがラインアップされており、600psとなればかなり強力なパワーとなります。

V8ディフェンダーは2021年内のデビューが予想されていますが、4ドアの「ディフェンダー 110」と2ドアの「ディフェンダー90」の両方でV8エンジンが提供されるかは不明です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
Oshan X5_008
もはや恒例行事!? 中国メーカーの模倣、今度はマセラティ風マスクで車名は「X5」!?
BMW 2er クーペ_006
次期型でも後輪駆動のレイアウト。BMW 2シリーズ クーペは「究極のドライビングマシン」
ブガッティ シロン_004
EVスーパーカーメーカー「リマック」、ブガッティを買収との噂!
トヨタGR スーパースポーツ_002
トヨタGRスーパースポーツ市販型、スペック流出か!? 10月デビューで1400馬力の噂
BMW M3ツーリング_005
米国市場投入を申請! BMW「M3ツーリング」、市販型プロトを鮮明に撮影
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事