メルセデス・ベンツの新型EVクロスオーバー「EQE」、最新鋭コックピットを激写

■市販型ではセダンとクロスオーバーSUVを設定の可能性

先日キャッチしたメルセデス・ベンツ「EQC」次期型と思われたプロトタイプが、ミッドサイズ・EVモデル「EQE」の市販型プロトタイプの可能性があることがわかりました。

メルセデス・ベンツ EQE_002
メルセデス・ベンツ EQE 開発車両

同社では2025年までに10台のフルEVモデルを発売予定ですが、その中の1台がEQEです。

これまでEクラスセダンのEV版のみの設定と思われていましたが、クロスオーバーSUVの両方のボディスタイルで提供されることが濃厚となりました。つまりEV版GLEの設定となります。

メルセデス・ベンツ EQE_008
メルセデス・ベンツ EQE 開発車両

すでに発売されている「EQC」は、現行モデルの「Cクラス」や「GLC」に使用されている「EVA-I」アーキテクチャに基づいていますが、EQEやEQSでは、EV専用の「EVA-II」アーキテクチャを採用、これにより内燃機関GLEより広い室内空間を提供することが期待されています。

市販型では、車軸間の床にバッテリーパックをマウント、シングルモーターとデュアルモーターの両方のバリエーションが用意されます。

メルセデス・ベンツ EQE_010
メルセデス・ベンツ EQE 開発車両

はじめて捉えたキャビン内には、新型「Sクラス」と同様のデザインが採用されているようです。中央に大型の12.8インチ・インフォテインメント・OLEDタッチスクリーン・ディスプレイを装備するほか、デジタルインストルメントクラスタも確認できます。

おそらく、人工知能を使用し、拡張現実ナビゲーションシステム、無線によるアップデートか可能な新世代MBUXシステムが搭載されるはずです。

航続距離は484km(300マイル)を目標に開発が進められており、最初にEQEセダンを発表、2021年後半、あるいは2022年初めにSUVが登場予定となっています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
VW ID.4 GTX_003
その名は「GTX」。VW史上最高に熱いEVクロスオーバーブランド誕生へ!
BMW 3シリーズ_003
BMW 3シリーズが大幅改良へ! 車内には巨大湾曲ディスプレイ搭載か!?
BMW M4 CSL_003
BMWに「CSL」の名称が復活か? 高性能M4プロトタイプをスクープ!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事