メルセデス・ベンツ Cクラス ワゴン次期型を初スクープ!後部をEクラス風に

■フロントには「マイバッハSクラス」風の垂直スラット、「CLS」に似たシャープなヘッドライトを装備

これまで幾度となく、メルセデス・ベンツの主力モデル「Cクラス」次期型プロトタイプを捉えていますが、今度は派生モデルとなる「Cクラス ステーションワゴン」市販型プロトタイプを捉えました。

メルセデス・ベンツ Cクラス ワゴン_003
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ

世界的にみて、クロスオーバーSUVの台頭はワゴンモデルに大きな打撃を与えましたが、依然として根強い人気を誇るボディスタイルです。欧州でも、コンパクトなシュコダ「ファビア コンビ」から、アウディ「A6アバント」などの大型までロングルーフモデルは続々と新型が登場しています。

メルセデス・ベンツ Cクラス ワゴン_007
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、「マイバッハSクラス」風の垂直スラットを備えたフロントグリルを装備、2つのパーキングセンサーがグリル内に埋め込まれていることが確認できるほか、「Eクラス」改良型や「CLS」に似たシャープなヘッドライトも見てとれます。

Dピラーが厳重に偽装されておりリアエンドの詳細は不明ですが、Eクラス・ステーションワゴン改良型に似た重厚なデザインが予想されています。またテールライトは、Eクラスのような長方形より、先が尖ったデザインが採用されそうです。

メルセデス・ベンツ Cクラス ワゴン_009
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ

次期型のプラットフォームには、「Eクラス」と共有するリアドライブアーキテクチャ「MRA2」のアップデート版が採用され、ボディサイズはそのままにフットプリントが向上するとみられています。

内部ではデュアルスクリーンレイアウトを装備。ゲージクラスタはそのままですが、インフォテイメントディスプレイはセンターコンソールの多くを構成し、エアコントロールエリアも備えます。また、ワイヤレス充電が可能なスマートフォン収納スペース、新設計された3スポーク・ステアリングホイールなどを装備するはずです。

メルセデス・ベンツ Cクラス ワゴン_001
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 次期型プロトタイプ

パワートレインは、48Vマイルドハイブリッドの「EQブースト」をメインとし、エントリーモデルには最高出力185psを発揮する1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッドを用意。

最高出力192psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ+マイルドハイブリッド、さらに100kmのEV走行を実現すると噂される直列4気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドなども予想されています。

Cクラス次期型は、4ドアセダンが2020年内または2021年初頭に発表された後、ステーションワゴン、オールテレーン、クーペ、カブリオレなど順次登場予定となっています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
アウディ Q5スポーツバック_005
GLCクーペやX4がターゲット。アウディQ5・クーペ版プロトタイプがニュルを激走中
ハマーEV_001
自慢は「カニ」モード! 1000hpの出力を引っさげ、ハマーEVが10月20日にデビュー
VW ID.6_008
市販間近と思いきや厳重な擬装。フォルクスワーゲンの新型電動SUV「ID.6」市販型を初スクープ!
BMW X1 PHV_002
BMW X3 PHV改良型のデビューは2021年後半。PHVモデルとしての完成形に
ディスカバリー_003
これが新タッチスクリーン・ディスプレイだ!ランドローバー・ディスカバリー改良型の内部画像を入手
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事